《デス・チェイサー》

デス・チェイサー R 闇文明 (5)
呪文
S・トリガー
相手のタップされていないクリーチャーを1体破壊する。

DM-15で登場した呪文

《デス・スモーク》S・トリガーが付き、1コスト重くなった。
S・トリガーが付いたことでクリーチャーを足止め出来るようになったことは大きい。
除去対象の縛りも、相手攻撃可能なクリーチャーへの対処が可能なため、《デス・スモーク》が苦手であった進化クリーチャースピードアタッカーなどの奇襲性の高いカードへの耐性が上がっている。

除去呪文としての軽さや対象範囲は《デス・スモーク》《炎獄スマッシュ》《スーパー・チェイン・スラッシュ》に分があるが、《デーモン・ハンド》と共に8枚体勢で除去S・トリガーを構えられる魅力があった。
これ以前の除去能力を持つS・トリガーは、《クリティカル・ブレード》《死の宣告》《バキューム・ジェル》《ナイトメア・マシーン》位しか存在しなかったため、その点でも使いやすかった。

その後DMC-46にて《魔弾アルカディア・エッグ》が登場。《魔光大帝ネロ・グリフィス》コスト踏み倒しできるため、完全上位互換となる。
とはいえ《魔光大帝ネロ・グリフィス》デッキに入れないならば、ナイトが加わっただけで性能はほぼ同じ。
ナイト《魔光大帝ネロ・グリフィス》を使わないデッキなら、《凶刻の刃狼ガル・ヴォルフ》などが効かない分こちらの方が良かった。

しかしながら、エピソード1にて1コスト重くなったもののリアニメイトも可能になった《地獄門デス・ゲート》が登場する。
S・トリガーとしての足止め、逆転性能はあちらの方が高く、コストの差を差し引いてもあちらの方がよく使われるようになった。

上記のように良質なカードが多くなったことで活躍の機会は少なくなったが、軽さを生かせればまだ使用に耐えうるカードと言えなくもない。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DM-15
    とにかく動け。やれ動け。危険なが接近中。

収録セット

参考


Last-modified: 2019-01-11 (金) 02:32:23