《トーチング・パニッシュ》

トーチング・パニッシュ UC 火文明 (3)
呪文
バトルゾーンにある相手のコスト4以下のカードを1枚選び、持ち主の墓地に置く。

DMR-22で登場した呪文

軽めのカード指定除去呪文としてはコストパフォーマンスは良いが、革命ファイナル環境においてこのような中途半端なサイズの火力呪文が入るデッキは少ない。S・トリガーが付いていない事や、《英雄奥義 バーニング銀河》の存在も痛い。

一応《百発人形マグナム》《ウソと盗みのエンターテイナー》が射程圏内に入る呪文の中ではかなり軽い方なので、遅めの環境になればクリーチャー、とくにメタ能力持ちをどかす目的で入る事があるかもしれない。

後に《闇鎧亜ジャック・アルカディアス》というカードタイプ違いの上位種が登場。こちらより遥かにコストパフォーマンスに優れる上にS・トリガーまで付いたあちらの登場により、さらに立場が無くなった。あちらと違って《Mの悪魔龍 リンネビーナス》リアニメイトを用いるといった運用も出来ない。

  • 『デュエル・マスターズ 超全集 革命ファイナル』では「相手の4マナ以下のカードを破壊する、便利な呪文!!コスト制限はあるものの、クリーチャーのみならずD2フィールドも破壊できるのがポイントだ!!!」と評されている。登場当時は《闇鎧亜ジャック・アルカディアス》が未登場だったので、まだ説得力のある記述であった。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考


Last-modified: 2018-12-04 (火) 12:05:25