《トテントン》

トテントン C 自然文明 (3)
クリーチャー:グランセクト 3000
自分のパワー12000以上のクリーチャーがバトルゾーンに出た時、カードを1枚引いてもよい。

DMRP-01で登場した自然グランセクト
自分のパワー12000以上のクリーチャーを出した時に1ドローできるトリガー能力を持つ。

《ハイパー・マスティン》を筆頭に、DMRP-01ではパワー12000以上のクリーチャーを中心にデッキを組む事を想定したカードが多い。このクリーチャーもそのうちの1枚だが、重くなりがちなデッキの加速を担う事になるであろう《ボントボ》のアタリの確立を下げてしまうなど、このクリーチャー自身はパワー3000のウィニーでしかないのが少々足を引く。

置きドローが強力なのは確か。元より自然文明は手札の補充が苦手ではあるのである意味貴重ではあるのだが、やはりパワー12000以上のクリーチャーを中心にしたデッキの戦略とは少々かみ合わない部分が大きいだろう。

このように初期の評価は微妙であったが、【ゲイル・ヴェスパー】では連鎖的にファッティ召喚するための要として利用されている。【ゲイル・ヴェスパー】で利用するなら《界王類七動目 ジュランネル》《デスマッチ・ビートル》などのパワー参照先はこのカードを出した後に出すと旨味が大きい。
《天風のゲイル・ヴェスパー》《ジーク・ナハトファルター》が横にいれば、さながら【白緑メタリカ】における《龍装者 バーナイン》の如く八面六臂の大活躍をするだろう。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DMRP-01
    まさか、美味しさだけを追求して作った野菜たちが、兵器としても最強になるなんて思いもしなかったントン! ---トテントン
  • DMSD-05
    キングダム・オウ禍武斗様の九本の角にはまだまだ秘密が隠されているみたい……。 トテントン

収録セット

参考