《ドリル・スコール》

ドリル・スコール C 火文明 (1)
呪文
カードを1枚、自分のマナゾーンから自分の墓地に置く。その後、相手はカードを1枚、自分自身のマナゾーンから選び、持ち主の墓地に置く。
※殿堂入り

DM-16で登場したの変則ランデス呪文

自分のカードが2枚消えるが、相手のカードは1枚しかなくならず、アドバンテージの面から見ると非常に使いづらい。

しかし、1コストランデスできるのは貴重であり、他のカードと併用することで優位を築ける。
主に軽量であることを利用したループコンボや、自ら墓地に任意のマナ落とせることを利用したコンボ要員として使われている。【パロロスコール】【ジョバンニスコール】などが、それに当たる。

環境において

転生編環境における【赤黒速攻】では《爆走戦鬼レッド・ライダーズ》と組み合わせてランデスするコンボがよく使われた。マナに貯めた《爆走戦鬼レッド・ライダーズ》をこちらで落とす事で、あちらのランデスの条件を速やかに整えられる。また、【グールジェネレイド】などでもキーカード墓地に落としつつランデスするために使われていた。

戦国編には軽量呪文である事を活かし、【フェルナンドVII世】で採用され、墓地肥やしつつ《魔光帝フェルナンドVII世》コスト軽減に役立った。【グレイテスト・シーザー】でもコスト7以下内の踏み倒しの候補に上がる事があった。

革命ファイナル環境【ジョバンニスコール】地雷デッキとして躍進した際に必須パーツとして積まれていた。すでに絶版となっていたため相場は高騰した。

その後《天雷王機ジョバンニX世》プレミアム殿堂になり、強力な相方を失うが、直後に《愛されし者 イルカイル》のギミックを用いた【イルカロック】が開発され、同じくランデスによるロック戦略を主軸に据えるこのデッキにて再び活躍の舞台を得る事となった。

《“轟轟轟”ブランド》が登場すると、それを軸にした【“轟轟轟”ブランド】の重要なパーツとなり、環境でも再び見かけるようになった。このデッキではマナをほとんど必要としないため相性は抜群によく、1ターン目から《“轟轟轟”ブランド》を着地させれば、後はこれで相手のマナを縛るだけで、早ければ2ターン目、順当に行けば3ターン目にはダイレクトアタックまで持ち込める。

速攻のついでに事実上のエクストラターンを得て一方的に殴り切れることによるゲーム性の低下を危惧されてか、2019年3月1日に殿堂入りとなった。これも、軽さは「強さ」であることを如実に示した1枚だろう。1枚だけでは序盤に引ける確率は大幅に下がるので、このカードによる擬似ロック戦術は完全に崩壊した。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考