《ドルツヴァイ・アステリオ》

ドルツヴァイ・アステリオ SR 自然文明 (6)
クリーチャー:グランセクト 1000+
マッハファイター
W・ブレイカー
自分のマナゾーンにあるカード1枚につき、このクリーチャーのパワーを+1000する。
このクリーチャーのパワーが12000以上なら、このクリーチャーに「T・ブレイカー」を与える。
このクリーチャーがバトルに勝った時、自分のマナゾーンにあるカードを数える。それと同じ枚数を自分の山札の上からタップしてマナゾーンに置いてもよい。

DMRP-06で登場したグランセクト

マナゾーンカードの枚数で強化され、バトルに勝つとマナゾーンカードの枚数を倍にする能力を持つマッハファイター

《トテントンタン》同様、マッハファイターバトルに勝つことでマナ加速する能力の組み合わせだが、こちらはなんとマナゾーンカード枚数を倍にするという豪快なもの。

単純に考えて額面通りのコストを払って召喚した場合はマナゾーンに最低6枚あるので、マッハファイターでバトルに勝つと次のターンはマナチャージ含め13マナ使えることになり、ほとんどのカードが利用できる範囲に届く。13マナもあれば《奇石 タスリク》が1体立っていようと《轟破天九十九語》を唱えるのに邪魔にはならないし、そもそもそうした呪文メタはこれによって殴り倒せるので、これを6マナ払って出すまでの動きを呪文に依存していない限りほとんど問題にならない。
また、13マナもあれば同一ターン中に《白米男しゃく》によるマナ回収を挟む余裕も出るため、ビッグマナでありながら素引きに依存しにくいプレイングが可能になった。
パワーマナゾーンカード枚数に左右されるがよほど早出ししない限り7000前後はあるので十分だろう。

《デュエマの鬼!キクチ師範代》などのマナ加速に対するメタカードマッハファイター除去することができるのも利点。

登場時の環境では序盤の動きを軽量クリーチャーに任せた結果としてクリーチャーが残るということがざらなので、このカードの起点となるクリーチャーが棒立ちしている場面というのは十分考えられる。

良くも悪くもマナゾーンの枚数に性能が左右されるので出すタイミングは見極めたいところ。


環境において

効果判明当初はこれまでにない6→12の動きを実現するビッグマナの救世主として騒がれ、実際に【カイザー「刃鬼」】を中心に採用された。

ただ、3ターンキルが当たり前の【速攻】が蔓延している一方で数多くのデッキ環境に存在する双極篇環境においては、【速攻】以外のデッキに対して対応力や汎用性がそれまで以上に求められていた。すなわち、2マナ域から軽量のハンデス除去コスト踏み倒しメタなどで妨害すること、受け札を充実させることが要求された。その点、良くも悪くも最速ターボに特化してこそ真価を発揮するこのカードデッキの動きを直線的にしがちであり、結局は【速攻】や妨害の的になりやすいこのカードは、環境上位に進出するデッキを生み出すには至っていない。


その他

  • マナ加速はマナゾーンのカードと同じ枚数ぴったりか能力を使わず0枚かのどちらかしか選べないので注意。全部置くと間違いなくライブラリアウトするからと適当な枚数で追加を止めることはできない。

関連カード

収録セット

参考