《ドンジャングルS7(ストロングセブン)

ドンジャングルS7 SR 自然文明[ジョーカーズ] (8)
クリーチャー:ジョーカーズ 8000+
マッハファイター
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、パワー7000以下のクリーチャーを1体、自分のマナゾーンからバトルゾーンに出してもよい。
バトル中、このクリーチャーのパワーを+6000する。
相手のクリーチャーが攻撃する時、可能ならこのクリーチャーを攻撃する。

DMRP-07で登場した自然ジョーカーズ

cipマナゾーンからのコスト踏み倒しを行うW・ブレイカー
バトルパワーが+6000され、相性の良いマッハファイターや相手のクリーチャーは可能であればこのクリーチャー攻撃させる能力も持つ。

マッハファイターバトル中のパンプアップは相性が良く、バトル時には圧倒的パワーを持つ《キングダム・オウ禍武斗》と同じパワー14000となる。さらに、殴り倒した後は相手からの攻撃をこちらに変更させるという、疑似的なブロッカーとしての役目を果たすことができ、スピードアタッカーからのプレイヤーへの攻撃も防ぐ事ができる。ブロッカーがいないジョーカーズにとっては、ある意味救世主と言ってもいいだろう。
もっとも、このクリーチャー攻撃しなければならないというわけではないため、相手は攻撃しないという選択肢を取れる。パワー14000以上のクリーチャー除去スレイヤーのいずれも持っていない相手を完封できる素質を持っている。

さらにcipパワー7000以下のクリーチャーマナゾーンからのコスト踏み倒し
パワーラインを考慮するとW・ブレイカークラスのクリーチャーを出すことができる。相性がいいのは、スピードアタッカー逆フュリー・チャージマッハファイターなどを持つ、登場時に即攻撃に移れるクリーチャー。特に《ソーナンデス》《ジャンゴ・ニャーンズ》との噛み合わせはよく、あちらのマッハファイタークリーチャー攻撃して、さらにJチェンジでこのカードと入れ替わり敵獣をバトルで打ち倒し、さらにcipマナゾーンへ行ったクリーチャーを呼び戻す、といった連携攻撃が行える。
ただしその場合、自身のマッハファイターは発揮できないことに注意しておきたい。だが《ゲラッチョ男爵》《ジョバート・デ・ルーノ》《オッケーBros.》といったcipアンタップを行うクリーチャーを呼び出してアンタップすれば、マッハファイターによる相手クリーチャーへの攻撃が可能である。

コストは8とやや高いものの、種族がサポートが優秀なジョーカーズであり、Jチェンジの存在も手伝って出すのはそれほど苦労しない。Jチェンジせずに召喚して出せれば自身の能力全てを発揮する事が出来る。
総じて攻撃・防御ともに強力であり、一度場に出れば大きな戦果を齎してくれるだろう。
ただし、スレイヤーなどでバトル関係なしにこのクリーチャーバトルゾーンを離れてしまうことには注意したい。

関連カード

収録セット

参考

公式Q&A

Q.マナゾーンに元のパワーが6000で、墓地の火文明のカードの数だけパワーが1000上がるクリーチャーがいます。墓地に火文明のカードが3枚あるとき、《ドンジャングルS7》の能力でそのクリーチャーをマナゾーンから出すことができますか?
A.はい、できます。パワーが上がる修正はバトルゾーンでクリーチャーの状態であるときに有効ですので、マナゾーンではパワー6000とみなします。