《ドンドド・ドラ息子(むすこ)

ドンドド・ドラ息子 SR 火文明[ジョーカーズ] (4)
クリーチャー:ジョーカーズ 2000
自分の手札にある火のジョーカーズ・クリーチャーすべてに「J・O・E 2」を与える。(「J・O・E 2」を持つクリーチャーを、コストを2少なくして召喚してもよい。そうしたら、このターンの終わりに、それを自分の山札の一番下に置く。下に置いたら、カードを1枚引く。)
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から4枚を表向きにする。その中からジョーカーズを1枚、自分の手札に加えてもよい。その後、残りを好きな順序で山札の一番下に置く。

DMEX-02で登場したジョーカーズ

自分の手札にあるジョーカーズクリーチャーすべてにJ・O・E2を付与する能力と、山札の上から4枚を表向きにしてジョーカーズを1枚手札に加えるcipを持つ。

最優先で組ませたいカードとしては《メラビート・ザ・ジョニー》だろう。このカードのcipでサーチしつつ、流れるように5マナで召喚が可能となる。
あまりにも早くコンボを決めてしまって《メラビート・ザ・ジョニー》全体除去を発動出来なかったり、マスター・W・メラビートでクリーチャーが出せないことがないように注意。

最後にJ・O・E2付加能力は確かに強力である。が、このクリーチャー自体は除去されやすい非力なシステムクリーチャーなのが欠点。
このカードに依存しすぎて戦略に遅れが出ないよう、《ビギニング・ザ・メラビート》のような隠し玉も入れてみるとよいだろう。

  • アニメにおいては、ジョーが劇場版デュエル・マスターズのBGMを作るために生み出したジョーカーズ。ドラムテクニックでジョーカーズ達を沸かせるが、ドラ息子というだけあってかなりガラは悪い。

関連カード

収録セット

参考

公式Q&A

Q.もともと「J・O・E 2」を持つ火のジョーカーズが手札にある場合どうなりますか?
A.そのクリーチャーは「J・O・E2」を重複して持つことになります。そのうちいくつの「J・O・E2」を使うかは自由です。二つを同時に使った場合コストは4下がり、ターンの終わりに山札の下に置いてカードを1枚引きます。もう一つの山札の下に置く効果はすでにバトルゾーンからクリーチャーがいなくなっているので関係ありません。


Last-modified: 2019-01-17 (木) 03:11:50