《ドンドン()()むナウ》

ドンドン吸い込むナウ R 水文明 (4)
呪文
S・トリガー
自分の山札の上から5枚を見る。そのうちの1枚を相手に見せてから手札に加え、残りを好きな順序で山札の一番下に置く。このようにして見せたカードが火または自然のカードであれば、クリーチャーを1体選び、持ち主の手札に戻してもよい。

DMR-03で登場したユニークな名前の呪文
「ドンドン○○ナウ」呪文サイクル
同弾のサイクル中でも群を抜いて使用率の高い、優秀なカードである。

自分の山札の上5枚の中から1枚を手札に加え、それがまたは自然であればバトルゾーンにあるクリーチャーを1体バウンスができる。サーチによる後続の確保とバウンスによる除去を1枚で行えるため、既存のカードよりも格段にテンポアドバンテージを取りやすい。コスト4と軽いため手打ちがしやすく、各種超次元呪文《焦土と開拓の天変》などにスムーズに繋げられる。

《紅神龍バルガゲイザー》のようなアタックトリガー持ちや、《雷鳴の守護者ミスト・リエス》のようなシステムクリーチャーバウンスできれば理想的。《時空の雷龍チャクラ》《勝利のリュウセイ・カイザー》などのサイキックを消してしまうこともできる。

バウンスの範囲は自分を含むので、出したcipクリーチャーを再利用することもできる。有り難いことに任意なので、無理にバウンスする必要も無い。

序盤から終盤まで腐ることが少なく、S・トリガーを持つことで防御面の強化にもなる。似たような役割の《ライフプラン・チャージャー》《フェアリー・シャワー》と比べると、マナブーストはできない分、S・トリガーバウンスができる点が優秀なのでデッキによって使い分けたい。

同時期に登場した《超電磁コスモ・セブ Λ》との相性も良く、この2枚によって、【青赤緑ビートダウン】は大幅に強化されることになった。

総じて高い汎用性を持つカードであり、青赤緑青赤青緑5色コントロールなどのデッキでは必須カードとして扱われ、その優秀さを存分に発揮している。逆に、そのようなデッキとのゲームではこのカードの存在に警戒したい。

  • 革命編に発売されたDMD-26では旧枠のイラスト替えバージョンではあるが3枚も収録されたため、格段に集めるのが楽になったと言えるだろう。
  • DMX-22ではイラストが微妙に異なるAバージョンとBバージョンの2種類が存在し、間違い探しとなっている。以下は回答である(反転してあるので各自で確認してほしい)。
    回答
    1.中央で吸い込まれているクリーチャーの有無。
    2.中央で吸い込む渦の向きが時計回りか反時計回り。
    3.左上のクリーチャーの角が2本か3本。
    4.左側の機械の形が楕円か菱形。
    5.左から二番目の機械のフレームが直線か波状。
    6.機械内部のランプの形が横長か球体。
    7.右下のクリーチャーが《T・アナーゴ》か《龍覇 ニンジャリバン》か。
  • 「吸い込む」とあるが、このカードイラストは扇風機をモチーフにしたものであり、本来は「吐き出す」が正しい。MODE→CHANGE版のイラストでは迫力が増した分、より吐き出していることが分かりやすくなっている。
  • コロコロアニキ?付録のプロモーション・カードでは、代表作「デデデでプププなものがたり」の連載終了以降消息不明であったひかわ博一氏が描く任天堂の看板キャラクター「カービィ」が描かれた。敵キャラクター「ワドルドゥ」「キャピィ」、そして好物である「マキシムトマト」を吸い込んでいる。
    • 武内いぶき?氏が描く《ゲラッチョ男爵》と同様、コロコロコミック連載漫画のキャラクターとしての登場である為か、開発元のHAL研究所や発売元の任天堂のコピーライトマークはない。

サイクル

DMR-03の「ドンドン○○ナウ」呪文サイクル敵対色を指定する追加効果が有り、すべてS・トリガーを持つ。

フレーバーテキスト

  • DMX-22(b50/???)
    間違い7つ、みつかるかな? ---Aバージョン
  • DMX-22(b51/???)
    間違い7つ、みつかるかな? ---Bバージョン

収録セット

参考


Last-modified: 2018-10-01 (月) 18:10:37