《ナ・チュラルゴ・デンジャー/ナチュラル・トラップ》

ナ・チュラルゴ・デンジャー SR 自然文明 (7)
クリーチャー:グランセクト/ジャイアント 12000
マッハファイター
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時あるいは自分が名前に《トラップ》とある呪文を唱えた時、自然のコスト6以下のクリーチャーを1体、自分の手札またはマナゾーンからバトルゾーンに出してもよい。
T・ブレイカー
ナチュラル・トラップ SR 自然文明 (6)
呪文
S・トリガー
相手のクリーチャーを1体、持ち主のマナゾーンに置く。

DMRP-06で登場したグランセクト/ジャイアント自然トラップ呪文ツインパクト

クリーチャー面はマッハファイターと、cipまたは名前にトラップとある呪文を唱えた時に自然コスト6以下のクリーチャー手札またはマナゾーンからコスト踏み倒しできる能力を持つ。
呪文面は《ナチュラル・トラップ》と全く同じ効果で、相手のクリーチャー1体をマナ送りにする。

クリーチャー面はパワー12000なので深く考えなくとも【ゲイル・ヴェスパー】とシナジーがある。単にコスト踏み倒しによって《ジーク・ナハトファルター》の能力で山札を削って《水上第九院 シャコガイル》でのエクストラウィンに近付くのに有用。

マナゾーンからコスト踏み倒しができるのでループにも使えそうだが、コストが奇数なので【チェイングラスパーループ】に組み込むには予め《幻影 ミスキュー》などを挟む必要がある。というより、このカードで《幻影 ミスキュー》を踏み倒すのが主流の使い方。
《超機動罠 デンジャデオン/地獄極楽トラップ黙示録》とのコンボも強力で、cipで向こうを出した後にマッハファイターで攻撃すれば、罠金乱舞トラップ呪文を唱えて、さらなるコスト踏み倒しに繋がる。
相性がいい「トラップ」は、相手クリーチャーの攻撃を封じる《調和と繁栄の罠》、コスト踏み倒しで減ったマナを補充できる《トラップ・チャージャー》
どちらもリスクは少なく、前者は単色が多いデッキに刺さり、後者はアドバンテージが取れる。状況に応じて、使い分けよう。
また、マッハファイターを持っているため、cipのコスト踏み倒しを含めて、前述と同様のアドバンテージも取れることも覚えておいて損はない。

ただ、《デスマッチ・ビートル》がいるとマッハファイターを含めた戦略がオシャカになりかねないので対策しておこう。

呪文面は《ナチュラル・トラップ》と同じ効果で、つまりこれは呪文片面のみのカードである元となった《ナチュラル・トラップ》上位互換と言える。

  • ナ・チュラルゴ・ンジャーではないので注意。
  • アニメ「デュエル・マスターズ!」ではでんでんが使用している。

サイクル

DMRP-06で登場した既存の呪文を組み込んだツインパクトサイクル

関連カード

フレーバーテキスト

  • DMRP-06
    「このトラップ1個、1000万円でんでん!」

収録セット

参考


Last-modified: 2018-12-13 (木) 00:23:54