《ナンバークエスチョン》

ナンバークエスチョン P 水文明 (6)
クリーチャー:ムートピア/スペシャルズ 6000
W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2つブレイクする)
自分のターンの終わりに、カードを1枚引き、その後、相手とガチンコ・ジャッジする。自分が勝てば、自分の手札の枚数以下のコストを持つ水の呪文を手札から1枚選び、コストを支払わずに唱えてもよい。(ガチンコ・ジャッジ:各プレイヤーは自身の山札の上から枚目を見せ、それを一番下に置く。そのカードのコストが相手以上であれば、自分の勝ちとする)

DMEX-03で登場したムートピア/スペシャルズ

置きドローガチンコ・ジャッジがついており、勝てば《魔法前線 ハリンセン》のような呪文踏み倒しが行える。
手札が多いほど唱えられる呪文が増えるので、各種ドロー呪文《ホースターズ5》での下準備は必要だろう。

置きドローとしての性能は意外と高く、《封魔バーガンティス》《アクア・オフィサー》と比べると大幅にパワーと打点が増えてデメリットが消え、自分のターンの終わりに引けるので即効性があるなど多くの強みを持つ。地味にインフレが滲み出ている一枚。
ガチンコ・ジャッジのサポートも受けられる。

だが手頃なコストドローソースを多く積む必要があるこのカードコスト踏み倒し性質がガチンコ・ジャッジと完全にアンチシナジー
コストが低い手札補充カードを集めるとガチンコ・ジャッジに勝ちにくくなってしまうのである。
この点は《怒りの赤髭 ゴセントラス/目覚めし鋼牙のブレイン》《遣宮使 ネオンクス/ネオ・ブレイン》のような手札補充ツインパクトと組ませることで、コストの高い面を参照して抑えることができるが……。

それでも同コスト《龍装艦 ゴクガ・ロイザー》のようなソリティアに持ち込める素質のある呪文踏み倒し手段と比べると爆発力ではまず勝ち目がない。
そもそも登場時の環境では呪文主体のデッキソリティア即死コンボを志向することが主流で、何度もターンエンドを迎えながら1回ずつ呪文踏み倒すというこのカード自体、環境に対して明らかに噛み合っていない。
せめて踏み倒しの条件が無条件であれば、何かしらのデッキ《龍装艦 チェンジザ/六奇怪の四 〜土を割る逆瀧〜》のようなポジションになれたかもしれない。

  • 実際のカードでは「手札から」という内容が欠落している。手札からコスト踏み倒しするとエラッタが出ている(ソース)。

関連カード

収録セット

参考