《ニコル・ボーラス》

ニコル・ボーラス P 水/闇/火文明 (8)
クリーチャー:エルダー・ドラゴン/プレインズ・ウォーカー 7000
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手は自身の手札から7枚選び、捨てる。
このクリーチャーが攻撃する時、相手のクリーチャーを1体、破壊する。

DMX-22で登場した//エルダー・ドラゴン/プレインズ・ウォーカー

cipによる7枚ものハンデスと、アタックトリガーでの確定除去を放つ能力を持つ。

cipによるハンデス《悪魔龍 ダークマスターズ》《「智」の頂 レディオ・ローゼス》をも上回る7枚もの枚数を捨てさせることができる。捨てるカードを選ぶのは相手だが、その枚数の多さからほぼオールハンデスとして機能する。ひとまず場に出しただけで一仕事は終えたといえるだろう。

アタックトリガーによる確定除去もシンプルながら強力であり、既に場に出ているクリーチャー除去は勿論、前述のハンデスによりマッドネス持ちのクリーチャーが出てきても返しのターン除去できるなどシナジーが強い。

難点は8コストという重さと、3により入るデッキがある程度限定される点か。その重さ故に、《インフェルノ・サイン》《煉獄と魔弾の印》で出す事もできない。
コマンドでこそ持たないが幸いドラゴンなので、コスト軽減コスト踏み倒しの手段は豊富。特に《龍秘陣 ジャックポット・エントリー》《ソウル・アドバンテージ》を凌駕する生きたハンデスを飛ばせるのは驚異の一言。パワー7000と《ドンジャングルS7》で呼び出せるライン丁度なのも美味しい。

総じて、コントロールデッキ向けの、非常に優秀なカードであると言えよう。

  • このクリーチャーの文明色は水/闇/火だが、ハンデスと確定除去、二つの能力が共に闇文明の能力に相当する物だという点は一見すると不思議に思える。恐らく、(本家MTGでは赤に当たる)火文明の能力でクロスギア破壊やランデスができるとカードパワーが上がりすぎ、本家の青が担当する、相手クリーチャーのコントロール奪取(相手のクリーチャーを、自分のクリーチャーのように扱うことができる)は、デュエル・マスターズのゲーム性にそぐわないとして、再現されなかったのだろう。
  • シナジーの塊とも言えるほど非常に強力な能力を合わせ持ち、初登場が非常に当たり辛いDMX-22のb枠ホイルという事もあって、シングルカード市場での相場は発売当初から高止まりし、結果的に収録パックの箱買いよりも高くついてしまう事態も散見される。流通量の絶対数がそもそも少ないこと、それでいて使うなら複数投入が必須であること、コラボカードゆえに今後の再録が望めないことが主な理由である(一応《ウソと盗みのエンターテイナー》及び《その子供、凶暴につき》の前例はあるが、可能性が低いことに変わりはない)。このカードを採用するデッキが、【5色デッキ】とその派生に留まっていることは不幸中の幸いだろう。
    • このような状況と、革命ファイナル時期での高騰が重なり、デュエマ他TCG問わず、代表的な高額カードとしても知られている。
    • 再録殿堂入りが成されない限り、このような状況は続くだろう。仮に再録されても流通数が伸びなければ相場はあまり下がらず、逆に再録分の方が高額になってしまう(《超戦龍覇 モルト NEXT》が一例である)という逆転現象が起きてしまう可能性もあり、難しい問題ではある。
    • その後DMRP-05 「双極篇 第1弾 轟快!! ジョラゴンGo Fight!!」にて1BOXに1枚だけ封入されているUGCとして、まさかの、そして待望の再録を果たした。ブロック構築では使用できず、収録も5種類の中からランダムかつ低確率であるものの、通常エキスパンションでの再録である事から、相場の暴騰が止まる事も期待される。2018年9月現在は一時期ほどの値段はついてないものの、特にDMX-22のオリジナル版は未だに高額カードの部類である事に変わりはない。

フレーバーテキスト

  • DMX-22
    ニコル・ボーラスは手下と犠牲者を区別しない。

収録セット

参考


Last-modified: 2018-12-16 (日) 01:13:07