《ノーブル・エンフォーサー》

ノーブル・エンフォーサー R 水文明 (4)
クロスギア
これをクロスしたクリーチャーは、パワー2000以下のクリーチャーに攻撃またはブロックされない。
このカードがどのクリーチャーにもクロスされていない時、パワー2000以下のクリーチャーは攻撃もブロックもできない。

DM-16で登場したクロスギア
クロスした時とクロスしていない時で効果が変わるDM-16クロスギアサイクルの1種。

パワー2000以下のクリーチャーの動きを封じる効果を持つ。
相手の攻撃を押さえ込むコントロールデッキで使われることが多い。
クロスすると、範囲が狭くなる代わりに自分のクリーチャーへの規制が解除され、攻撃に転じることができる。

全体のパワーが低く、パンプアップクロスギア除去が乏しいデッキには良く刺さり、このカード1枚で詰みとなることも多い。
特にデッキには優秀なクロスギア除去が存在しないため、苦戦を強いられることになるだろう。
また、スレイヤーはほとんどがパワー2000以下なので、スレイヤーが苦手なデッキで対策として投入されることもある。

  • 2018年全国大会南東北エリア予選ではウィニーへの妨害手段として活躍し、テキストカバレージでも「最近は御無沙汰」と殿堂レギュレーション下において姿を消したと前置きされながらも、予選での活躍を評価された。
  • ノーブル(Noble)とは「高潔な」「高貴な」という意味の形容詞。エンフォーサー(Enforcer)は「(法の)執行者」。なんとなく文明のような名前である。

サイクル

DM-16のクロスした時としていない時で別の効果が出るクロスギア

関連カード

収録セット

参考


Last-modified: 2018-12-06 (木) 17:33:10