《ハイパー・ギガタック/ギガタック・ハイパー・トラップ》

ハイパー・ギガタック SR 自然文明 (6)
クリーチャー:グランセクト 9000
W・ブレイカー
このクリーチャーを自分のマナゾーンから召喚してもよい。
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、クリーチャーを1体、自分の墓地からマナゾーンに置く。
ギガタック・ハイパー・トラップ SR 自然文明 (8)
呪文
各プレイヤーは、バトルゾーンにある自身のカードをすべてマナゾーンに置く。

DMRP-05で登場したグランセクト自然トラップ呪文ツインパクト

クリーチャー面はマナ召喚と自分の墓地カード1枚をマナゾーンに置くcip能力を持つ。
呪文面はバトルゾーンにある各プレイヤーカードすべてをマナ送りにする効果を持つ。

クリーチャー面はメリット能力を持ちながら6コストで9000と、グランセクトらしい高コストパフォーマンス
マナ召喚しても墓地さえあればマナが減らない。後述の呪文面を唱えた後にもう1枚をマナゾーンから召喚し、1枚目をマナに引き寄せ召喚可能な状態にすることである程度のリカバーが可能という、自己完結した性能を持っている。
とはいえ、6コストで盤面に触れる能力や豪快な能力は持たず、高いパワーグランセクトのサポート圏内には届いていないため、率先して使うほどではない。それでも、《ジョリー・ザ・ジョニー Joe》軸のデッキなどのようにアドバンテージ量の少ない2コストマナブーストなどのようなカードをなるべく入れない構成の場合、他にマナブースト手段が手札が無いケースが多いため、案外急場凌ぎとして使える。クリーチャーなので余裕があれば《謎帥の艦隊》でバウンスして再利用するのもアリ。

注目すべきは、呪文面のカード指定除去による豪快なリセット能力。
封印もカードとして扱われるため、禁断解放を手助けできるだけでなく、相手を臨まぬ禁断解放においやることも可能。たとえ《終焉の禁断 ドルマゲドンX》の下で封印が墓地に置けない状況になったとしても、墓地に置いているわけではないのですり抜けることができる。
前述のようにマナ召喚ができるカードを事前に投入しておけば、増えたマナで再召喚が可能。

このことから、この効果を使うタイミングがかなり重要となる。

  • カード名の由来は「仮面ライダーカブト」に登場する、クワガタモチーフのライダー「ガタック」だろうか。余談ではあるが、仮面ライダーガタックにも「ハイパーフォーム」という強化形態が存在する。

フレーバーテキスト

  • DMRP-05
    「ハイパー・ギガタック様のギガタック・ハイパートラップを喰らえっ!」

収録セット

参考


Last-modified: 2018-11-19 (月) 08:20:02