《ハザード・オウ禍武斗(カブト)禍武斗(カブト)轟印(ごういん)

ハザード・オウ禍武斗 SR 自然文明 (9)
クリーチャー:グランセクト 14000
マッハファイター
T・ブレイカー
禍武斗の轟印 SR 自然文明 (7)
呪文
このターン、自分のクリーチャーすべてのパワーを+12000し、「T・ブレイカー」を与える。

月刊コロコロコミック2018年4月号付録として登場したグランセクトおよび自然呪文ツインパクト

クリーチャー面は《キングダム・オウ禍武斗》等の他の9マナクリーチャーと比べると寂しいスペックであるため、使われることはまずないだろう。

呪文面はツインパクトの性質上、完全とまでいかないが、《インビンシブル・パワー》をはるかに凌駕する相当な上位互換である。
しかしパンプアップというのは軽量だから生きるのであって、全味方を大幅強化するとは言え、コスト7は若干重い。
コストの高いクリーチャーの大半はW・ブレイカー以上を持つため、これでパンプアップしたいクリーチャーコスト5以下がほとんどであろう。そうなると7コスト手打ちの《テック団の波壊Go!》で根こそぎバウンスされてしまうのが悩ましい。S・トリガーで出ても悲惨である。
また、コストが1低く呪文に対して若干の耐性が付く《カンクロウ・ブラスター》でも十分1ショットキルを狙う事が出来る。
採用するのであればクリーチャー面を参照してサーチが行える点やパンプアップがより大きい事を活かしたい。
防御を《Dの牢閣 メメント守神宮》の自軍ブロッカー化に頼った相手にはチャンプブロックを強いる事が出来るのでおしゃれ枠として採用するのも手だろう。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考


Last-modified: 2018-11-14 (水) 20:36:46