《ハピネス・ベル》

ハピネス・ベル R 光文明 (6)
呪文
S・トリガー
自分の山札の上から2枚を裏向きにして、それぞれ別の新しいシールドとして自分のシールドゾーンに加える。
次の自分のターンのはじめに、自分のシールドを2枚手札に加える。ただし、その「S・トリガー」は使えない。

DMR-01で登場したS・トリガー呪文

多少癖はあるものの文明らしいシールド追加と、今までの文明に少なかった手札補充効果を併せ持つカード

シールドを増やすことにより多少の時間稼ぎをすることができ、ビートダウン系のデッキに対してはもちろん、止めを刺しに来た相手の計算を狂わせることができる。
山札操作と組み合わせてS・トリガーを仕込んだり、能動的にS・バックを発動するというのも悪くないか。

次のターンに加えたシールドの枚数分シールドから手札に加えるので、《パクリオ》などでシールドゾーンに埋められてしまった重要なカード回収にも役に立ち、最悪1ターン遅れてくる手札補充として利用できなくはない。

  • 2017年3月25日ルール改訂によって、ブレイクにはブレイクが決定した時点で存在しているシールドを参照とするようになったので、ブレイクされた後にS・トリガーで使ったこのカードで増えたシールドはブレイクすることができなくなった。
    • 追加したシールドもまとめて一気に割られることがなくなり、基本的な防御力は強化されたと言える。一方、一気に割られることで追加されたシールドS・トリガーもその場で発動するという派手な逆転は起こらなくなった。

関連カード

収録セット

参考