《ハムカツのイラスト百烈(ひゃくれつ)ペン》

ハムカツのイラスト百烈ペン P 水文明 (5)
呪文
イラストレーターの名前をひとつ言う。バトルゾーンにある自分のクリーチャーで、そのイラストレーターが絵を描いた1体につき、カードを2枚引いてもよい。

DMX-22で登場した呪文
選択したイラストレーターが手掛けたイラストを持つ自分のクリーチャーの数だけカードを2枚引けるという、初のイラストレーターを参照するカード。

狙い目はスーパーデッキ・クロス及びスーパーデッキ・サーガのような1人のイラストレーターがイラストを手掛けたデッキのカード。
具体的にはShishizaru氏、Daisuke Izuka氏、Toshiaki Takayama氏、Mikio Masuda氏、hippo氏の5人。
Toshiaki Takayama氏に関しては2つのデッキを手掛けている上、現在も活躍するイラストレーターなので混ぜればさらに引きやすくなるだろう。

《トリプル・ブレイン》と比較すれば4枚引ければ十分なので、今使用しているデッキのイラストレーターが被っているということに気付いたのであればこのカードの採用を検討してみよう。

このカードの登場により、これまではファンデッキの域を出なかったイラストレーターを統一する構築も今後は見直されるかもしれない。また鬼丸モエルゾロスターほかオラクル上層部グレンモルトアイラのような同一人物も同イラストレーターが手掛ける場合も多いので同キャラファンデッキでも採用の余地があるかもしれない。

  • ちなみに同じクリーチャーが複数いる場合も、ちゃんとクリーチャーの数だけカードを引く事ができる。そのため場に出すクリーチャーが被りやすいウィニーG・ゼロ持ち等を並べるデッキとも相性はいい。それらのデッキは手札消費が激しい物が多いため、そこをカバーできるのは中々有用。その観点では《O・HA・NA・P》遊撃師団などデッキに4枚以上入れることが可能なカードとも相性はいい。
  • 発売時の暫定的な裁定では、参照するのはカードのテキストに書かれているイラストレーターの名前であり、例え同一人物でもカードによって名義の異なる場合は別々のイラストレーターとして扱われる。
  • 元ネタはMagic:The Gatheringの「アーティスト・マター」であろう。あちらでもカードを描いたアーティスト一人を指定し、それにより様々な効果が得られる。
  • また、カード名の元ネタは漫画「北斗の拳」の主人公ケンシロウの必殺技の一つ「北斗百裂拳」だろう。元ネタの方もよく間違われるので紛らわしいが、《百ペン》ではなく《百ペン》なので注意。
  • 百烈、という名だが、フレーバーテキストで言っている「ちゃう」の数は35回である。
  • ハムカツは「デュエル・マスターズVS(アニメ版)」において、病気で寝込んでいるるる勝太の危機を知らせる際に、どこからかデスクと紙、ペンを用意して数秒で状況を絵で表したシーンがある。このカードはその描写から思いついたものだろう。

フレーバーテキスト

  • DMX-22
    ちゃうちゃうちゃうちゃうちゃうちゃうちゃうちゃうちゃうちゃうちゃうちゃうちゃうちゃうちゃうちゃうちゃうちゃうちゃうちゃうちゃうちゃうちゃうちゃうちゃうちゃうちゃうちゃうちゃうちゃうちゃうちゃうちゃうちゃうちゃうぅぅぅぅ!---ハムカツ

収録セット

参考


Last-modified: 2018-10-16 (火) 09:32:37