《ハリケーン・クロウラー/ブレイン・チャージャー》

ハリケーン・クロウラー SR 水文明 (5)
クリーチャー:アースイーター 4000
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の手札をすべてマナゾーンに置く。その後、それと同じ枚数のカードを自分のマナゾーンから手札に戻す。
ブレイン・チャージャー SR 水文明 (4)
呪文
カードを1枚引く。
チャージャー(この呪文を唱えた後、墓地に置くかわりに自分のマナゾーンに置く)

DMEX-04で登場したアースイーターツインパクト

クリーチャー面はそのまま《ハリケーン・クロウラー》呪文面はそのまま《ブレイン・チャージャー》

初の既存カード×既存カードツインパクトであり、初のチャージャーを持つツインパクトである。

使用感はどちらも変わらないが、ツインパクトとして生かすなら、それに合わせた構築を前提とする必要がある。
特にクリーチャー面は手札マナを交換するため、チャージャーとの相性は悪くないし、呪文面は手札を少なくさせない利点があるため、互いにシナジーしているのが分かる。

また、コスト4→5とキレイに繋ぎやすい。ただ、手札の枚数に左右されやすいことに注意を払いたい。

環境において

元々【ボルメテウスコントロール】の愛好家に使われていた《ブレイン・チャージャー》であったが、【ボルメテウスコントロール】に入るカードとしてこのカードを考えると、ハイランダーに欠かせないマナ回収が付いたという意味で意義のあるツインパクト化と言える。

とはいえ登場からしばらく環境とは縁がなかった。しかし【青赤緑ミッツァイル】が成立すると、実質ノーコストで場に出しては《BAKUOOON・ミッツァイル》のコスト軽減に貢献するカードとして白羽の矢が立った。マナを使い切った後も《マリゴルドIII》マナゾーンに埋まったこれを呼び出せば簡単かつ大量にアンタップマナを生成することができる。そして、それができるのはこれが自身をマナゾーンに埋めるチャージャー呪文面を持ち、アンタップマナ生成に貢献するドローソースである《天啓 CX-20》が【青赤緑ミッツァイル】に採用されるためである。

その他

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考