《ハリケーン・クロウラー》

ハリケーン・クロウラー SR 水文明 (5)
クリーチャー:アースイーター 4000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の手札をすべて自分のマナゾーンに置く。その後、同じ枚数のカードを自分のマナゾーンから自分の手札に戻す。

DM-10で登場したアースイーター。非常にトリッキーなcip能力を持つ。

《魔天降臨》《天動の化身》などの似たタイプの効果を持つカードと違い、「マナゾーンに置いた手札タップされていない」ことが特徴。
よって、そのターンに使うマナの最大数をさらに増やせる、という大きな利点がある。
このまれな能力を利用し、【変換エンドレス】などのコンボデッキにおいては、ループ即死コンボキーカードとなっている。

相手にピーピングされてしまうこと以外にデメリットのない能力であり、通常のデッキでも単なる手札交換要員として十分使用に耐えられる。
アースイーターを使う種族デッキや、各種コントロールデッキでは採用を検討できるだろう。
特に《剛撃戦攻ドルゲーザ》の大量ドローと組み合わせた場合、1ターンで大量のカードをプレイすることも可能。

その後、ツインパクト版の《ハリケーン・クロウラー/ブレイン・チャージャー》が登場し世代交代となったが、このマナ交換能力は珍しいため、5枚目以降としてならまだ活躍できるかもしれない。

  • ハリケーン(Hurricane)とはカリブ海で発生する台風のこと。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DM-10
    巨体がのたうつと、それまであった景色が一変した。

収録セット

参考