《バー・キューベー/クー・ラクタロウ》

バー・キューベー C 自然文明[ジョーカーズ] (6)
クリーチャー:ジョーカーズ 7000
スマッシュ・バースト(このクリーチャーが攻撃する時、このカードの呪文側を、バトルゾーンに置いたままコストを支払わずに唱えてもよい)
W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2つブレイクする)
クー・ラクタロウ C 自然文明[ジョーカーズ] (2)
呪文
自分の山札の上から3枚を表向きにする。その中からクリーチャーを1体、相手に見せてから自分の手札に加えてもよい。残りをすべて好きな順序で山札の一番下に置く。

DMRP-08で登場した自然ジョーカーズツインパクト

クリーチャー面はスマッシュ・バーストを持つ以外はW・ブレイカー持ちの準バニラと淡白なスペック
呪文面は自分の山札の上から3枚を表向きにしてクリーチャー1枚を手札に加える。
似たような呪文《ツインパクト・マップ》《未来設計図》があるが、それらと比べS・トリガーがなかったりコストが僅かに高いなど一見物足りなく思える。

しかし、クリーチャーも持つサーチ呪文として運用するのであれば話は別で、コスト6軸の【ガチャンコ ガチロボ】においてはコスト6の比率を薄める事無くサーチが扱える。
また【ロック“SPK”スピーカー】においても、《ロック“SPK”スピーカー》によるコスト踏み倒しの範囲内で、バトルゾーンに出れば早いうちからサーチが使える上に、呪文面をそのまま唱えて補助が出来るなど相性が良い。

一方でジョーカーズという種族を考慮した場合、2コストの行動では《ヤッタレマン》《タイク・タイソンズ》などを立てた方が良く、なにより1コストでより範囲の広い《ジョジョジョ・ジョーカーズ》があるので立場はやや厳しい。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考


Last-modified: 2018-12-09 (日) 22:44:45