《パルタン》

パルタン R 水文明 (5)
クリーチャー:サイバーロード 3000
自分のサイバー・ウイルスをバトルゾーンに出した時、自分の手札を2枚まで捨ててもよい。捨てたカード1枚につきクリーチャーを1体バトルゾーンから選び、持ち主の手札に戻す。

DM-10で登場したサイバーロード

サイバー・ウイルス種族をバトルゾーンに出したときに手札を捨てれば、その枚数に応じてクリーチャーバウンスできる。ただし捨てられるのは2枚まで。
サイバー・ウイルス種族はcipなどでドローできるカードが非常に多いため、デッキの組み方次第では途切れない強力バウンスエンジンになることができる。

有名なのは《アストラル・リーフ》とのコンボ《マリン・フラワー》と共に使うことにより、

  1. 3マナ払って一気に進化
  2. 効果で3枚ドロー。次に2枚捨てて相手のクリーチャーを1体バウンス
  3. もう1体のバウンス《アストラル・リーフ》自身を選ぶ。これを繰り返す。

これでたった3マナ手札を増やしつつ敵クリーチャーバウンスを繰り返せる。手近に《フォーチュン・ボール》などで代用してもいい。ただ、あまりやりすぎると山札消費が激しいため、《悠久を統べる者 フォーエバー・プリンセス》を途中で捨てるか、墓地に落ちたカードを返霊などで山札に戻してやったりと、なんらかの対策は必要。

また、《凶星王ダーク・ヒドラ》《パラダイス・アロマ》2体以上と組み合わせることで相手のクリーチャーをすべてバウンスしたり《パラダイス・アロマ》を出し入れするループを組むことができたが、《凶星王ダーク・ヒドラ》プレミアム殿堂入りしたことにより、殿堂レギュレーション下ではこのコンボはできなくなった。

しかし2016年2月1日に殿堂解除によって《凶星王ダーク・ヒドラ》殿堂入りに戻った事で再び可能になった。ただし《パラダイス・アロマ》の方が殿堂入りしているため、出し入れするクリーチャーは他に用意する必要がある。

フレーバーテキスト

収録セット

参考