《ビクトリー・アップル》

ビクトリー・アップル VR 自然文明 (2)
クリーチャー:ワイルド・ベジーズ 2000
フォートE:ワイルド・ベジーズ(このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、ワイルド・ベジーズを自分のマナゾーンでタップしてこのクリーチャーを召喚していた場合、このクリーチャーは次のFE能力を得る)
FE−クリーチャーを1体、自分の墓地からマナゾーンに置いてもよい。
フォートE:ドラゴン
FE−クリーチャーを1体、自分のマナゾーンから手札に戻してもよい。

DM-20で登場したワイルド・ベジーズ

フォートEワイルド・ベジーズの場合は墓地からのマナブーストドラゴンの場合はマナ回収を行える。《プリーチ・トマト》完全上位互換

条件付きながら2コストマナブーストマナ回収サルベージを使い分けられるので非常に便利。《ダンディ・ナスオ》《ジオ・ナスオ》シナジーが強く、ワイルド・ベジーズ種族が生かせるデッキならばコンビでの活躍も期待できる。

マナ回収マナブーストを活かして実質1コストのウィニーとして連打すれば、《味頭領ドン・グリル》G・ゼロに素早く近付くことができる。

もちろんドラゴンデッキに入れてもいいが、《ルピア・ラピア》などとスロットを争うことになるか。

【5色フェアリー・ミラクル】に入れることを考える場合、ワイルド・ベジーズは他に《ダンディ・ナスオ》《剛勇王機フルメタル・レモン》などが共に入るだろう。条件さえ満たせばクリーチャーの残る《白米男しゃく》という使用感になり、約11年半後に登場したカードに(呪文面のみとの比較とはいえ)引けを取らないあたりフルスペックの強力さが分かるだろう。

関連カード

収録セット

参考