《フット“FNT(ファンタ)”ジスタ/()(たま)ドライシュート》

フット“FNT”ジスタ R 火文明 (4)
クリーチャー:ビートジョッキー 6000
このターン、他のクリーチャーが2体以上攻撃していなければ、このクリーチャーは攻撃できない。
スピードアタッカー
W・ブレイカー
スマッシュ・バースト(このクリーチャーが攻撃する時、このカードの呪文側を、バトルゾーンに置いたままコストを支払わずに唱えてもよい)
火の玉ドライシュート R 火文明 (6)
呪文
自分の山札の上から3枚を見る。その中からコスト3以下のクリーチャーをすべてバトルゾーンに出す。残りをすべて、好きな順序で山札の一番下に置く。

DMRP-08で登場したビートジョッキーツインパクト

クリーチャー面はスピードアタッカースマッシュ・バーストを持ち、登場してすぐに発揮できる。
ただし、最低でも2体が攻撃した後でなければ攻撃できないデメリットが足を引っ張っていて、簡単に使えるわけではない。
それでもコスト4のW・ブレイカーは大変貴重で、しかも召喚酔いせずに攻撃できるとなると、速攻系ではかなり強い。
スマッシュ・バーストで呪文面を唱えれば、一気に6体も揃えることができる。

呪文面はコスト3以下の小型をすべて踏み倒す効果であり、場数を揃えるのに役立つ。
ただし、あくまでコスト3以下ということもあって、大型を踏み倒すのには適しない。しかもコスト6と意外にも重く、呪文として使うにはもったいない。

【赤白“轟轟轟”ブランド】で2ターン目から動かすなら、例としては1ターン目に1コストウィニーを召喚し、2ターン目に《ヘブンズ・フォース》でアクセスし、《“轟轟轟”ブランド》マスターG・G・Gを発動すると良いだろう。上手く行けばこれで呼び出したG・G・Gスピードアタッカーになるクリーチャーや《スニーク戦車 オーリー》を絡めて2ターンキルも可能。

  • モチーフは、サッカー用語の「ファンタジスタ」だろう。呪文面でも「ドライブシュート」をもじっている。

サイクル

DMRP-08で登場したスマッシュ・バースト持ちのツインパクトサイクル
クリーチャー面はすべて何かしらの攻撃制限のデメリットを持ち合わせている。

関連カード

収録セット

参考