《フンバルさん/フンバ・フライ・ダイ》

フンバルさん UC 火文明[ジョーカーズ] (5)
クリーチャー:ジョーカーズ 3000
S・トリガー(このクリーチャーをシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ召喚してもよい)
スマッシュ・バースト(このクリーチャーが攻撃する時、このカードの呪文側を、バトルゾーンに置いたままコストを支払わずに唱えてもよい)
フンバ・フライ・ダイ UC 火文明 (1)
呪文
相手のパワー3000以下のクリーチャーを1体破壊する。

DMRP-08で登場したジョーカーズツインパクト

クリーチャー面はS・トリガースマッシュ・バースト呪文面は1マナの3000火力

クリーチャー面は、5マナアタックトリガーの3000火力は割に合わないので、S・トリガー専用と割り切った方がいいだろう。
スピードアタッカーを持たないため、《ドンドド・ドラ息子》J・O・E2を付与してもスマッシュ・バーストを発動することなく山札の下に送られてしまう。
【速攻】が相手ならば、返しのターンで相手クリーチャー攻撃して2体除去できる可能性は高い。

呪文面は《スチーム・ハエタタキ》下位互換だが、《ポクチンちん》《制御の翼 オリオティス》といった厄介なメタクリーチャーが射程に入る。

専らジョーカーズツインパクトという点を活かして採用されることになる。
擬似マナ武装を多く擁する【ジョーカーズ】では、デッキの比率を下げずにメタクリーチャー対策をできる点が採用理由となる。
【墓地ソース】の場合はメタクリーチャー対策をしつつ墓地クリーチャーを落とせる。

さらに【ロック“SPK”スピーカー】でも採用が見込める。
S・トリガー持ちのツインパクトという点で【速攻】に強くなり、また採用率の高い《カツラデランス》cipでも踏み倒すことが可能である。

双極篇環境から超天篇環境にかけては【“轟轟轟”ブランド】に偶に防御札兼軽量除去として投入される。《スチーム・ハエタタキ》とこれを各3枚投入した型がDMSD-10期のチャンピオンシップで優勝しており、【“轟轟轟”ブランド】はコスト踏み倒しメタさえ何とかすれば怖いものなしであるということをこのカードは間接的に示しているといえる。

  • 「デュエル・マスターズ!!」19話では初登場。

サイクル

DMRP-08で登場したサイクル

クリーチャー面はS・トリガースマッシュ・バーストを持っている。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DMRP-08
    虫は無視できねーな!

収録セット

参考