《ヘブンズ・フォース》

ヘブンズ・フォース UC 光文明 (2)
呪文
S・トリガー
コストの合計が4以下になるように、好きな数の進化ではないクリーチャーを自分の手札からバトルゾーンに出す。

DMR-21で登場した呪文

《ヘブンズ・ゲート》を髣髴とさせる名称だが、《フェアリー・ギフト》にも近い性質を持つ。
最速で使えば2ターン目に4マナ溜まった状態と同じように非進化クリーチャーを出す事ができ、しかも文明の縛りもない。《連鎖庇護類 ジュラピ》といったコスト1〜2のクリーチャーをばらまいて一気に打点を揃える事も可能だが、ここはやはりコスト4のクリーチャーを早期に出したい。
【レッドゾーン】など、4コストクリーチャーを軸にしたデッキ《閃光の守護者ホーリー》などの優秀なトリガーとともに採用できる1枚である。白黒赤など3色のタイプではさらに早出しできるクリーチャーのレパートリーが増えるので、覚えておいて損はない。
S・トリガーも持っているので、相手ターン《終末の時計 ザ・クロック》《転々のサトリ ラシャ》などをコスト踏み倒しすれば相手クリーチャー攻撃を防げる点も大きい。

これ程汎用性の高い効果を持つにもかかわらずレアリティが比較的集めやすいアンコモンなところも嬉しい限り。

また久々に登場したヘブンズの名を持つ呪文でもある。《天門の精霊キバッテ・キャット》はちょうどコスト4であり、このカードでだしながら手札損失を補ってくれるかもしれない。

ルール

環境において

革命ファイナル環境では【サザン・ルネッサンス】【赤白レッドゾーン】で使用された。先攻2ターン目に打つ場合は相手がまずコスト踏み倒しメタを出していないはずなので、そうした場面を考えてコスト踏み倒しメタへの対策を切るという構築もあり、これは現在でも変わらない。

新章デュエル・マスターズ環境ではコスト踏み倒しメタ、とりわけ《異端流し オニカマス》が普及した影響でそれほど目立たないカードであった。

双極篇環境では、手札消費が激しくなる性質から【赤白“轟轟轟”ブランド】の必須パーツとして採用されていた。《“轟轟轟”ブランド》を早出ししたいために手札《“轟轟轟”ブランド》1枚だけになるように調整する目的で使うケースもあり、結果として1コストクリーチャー1体しか呼び出さないケースも珍しくない。この頃の環境では《奇石 ミクセル/ジャミング・チャフ》のようにマナゾーンカード指定のコスト踏み倒しメタが主流であり、このカードマナが4枚溜まればすり抜けてしまう。速攻でも4マナ位ならギリギリ貯められる領域だろう。

ただ、GR召喚手段が登場した超天篇になると、コスト踏み倒しメタに引っかかることと今引きで引くと弱いことを考慮されて採用しない型も【赤白“轟轟轟”ブランド】において模索されるようになった。

その他

関連カード

フレーバーテキスト

  • プロモ(P38/Y17)
    煌龍は帰ってくる。新たな正義を、その身に宿し。

収録セット

参考