《ヘラルド・ルドゥーテ/ローズ・セレモニー》

ヘラルド・ルドゥーテ R 闇文明 (4)
クリーチャー:マフィ・ギャング 13000
T・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを3つブレイクする)
自分の墓地にクリーチャーが6体以上なければ、このクリーチャーは攻撃できない。
ローズ・セレモニー R 火文明 (3)
呪文
自分の手札をすべて捨て、その後、それと同じ枚数、カードを引く。

DMRP-09で登場した/マフィ・ギャングツインパクト

攻撃制限を持つ上面と《ニンプウ・タイフーン》を彷彿とさせる手札交換を持つ下面に別れている。

クリーチャーが墓地に6体以上という条件を達成できるのであれば1体限定だがG・ゼロで出せる《百万超邪 クロスファイア》がいるのが向かい風。あちらはW・ブレイカーで打点は1少ないが、スピードアタッカーなので奇襲性は高い。

呪文面も、手札を多めに用意できる状態でなければ《ほめほめ老/ホメホメ老句》《カツラデランス/「アフロ行きま〜す!!」》で事足りてしまうため、デッキスペースに余裕でもない限りそちらを優先しがちになる。

2ターン目に《ほめほめ老/ホメホメ老句》、3ターン目にこのカードの呪文面と繋ぎ(この呪文を唱えた時点で先攻なら手札は4枚)、1枚《一なる部隊 イワシン》を落とせば、それだけで呪文を唱えた後に墓地に落ちたカードを合わせて9枚の墓地肥やしができる。これだけ書くと強力に思えるが、この動きだと墓地回収が無いのが痛い。その点では同コストの《龍装鬼 オブザ08号/終焉の開闢》に劣るだろう。

さらに、低コスト高打点の闇クリーチャーという点でも同弾の《闇の破壊神ゼオス》の方が強烈なデメリットを持っているが能力が自己完結しているうえにコンボにも使いやすい。

総じて一芸に秀でたカードとは言い難いが、【墓地ソース】で高打点のクリーチャーが多めに欲しい時は1枚から2枚の投入を検討してもよいだろう。

  • クリーチャー名の由来はヘラルド・ファン・スペンドンク+ピエール=ジョゼフ・ルドゥーテであろう。どちらも植物画家であり、特にルドゥーテは「バラの画家」として著名であった。
  • イラストではこのカードのクリーチャー自身と思わしきクリーチャーと、それに魅了されている数人の女性型クリーチャーが描かれている。不気味な絵の多いマフィ・ギャングとしては異色の、コミカルなイラストになっている。

サイクル

DMRP-09で収録されたレア多色ツインパクトサイクル

関連カード

フレーバーテキスト

  • DMRP-09
    最後の一本を受け取ったものは幸せか不幸になる。

収録セット

参考