《ベル・ザ・エレメンタル》

ベル・ザ・エレメンタル R 自然文明 (4)
進化クリーチャー:スノーフェアリー風 6000
進化−自分の自然のクリーチャー1体の上に置く。
このクリーチャーが攻撃する時、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置いてもよい。
W・ブレイカー

DMR-16極で登場した進化スノーフェアリー風
DMR-16極に収録された新種族進化クリーチャー自然文明担当。

アタックトリガーマナブーストを行うことができ、マナ基盤を整えながらビートダウンできる。
マナブーストしながらのビートダウンの強力さは《スーパー大番長「四つ牙」》を見ればわかる通り、相手のシールドブレイクしつつマナを伸ばすことで次ターンにはより大きなクリーチャー呪文を扱えるようになるため、マナアドバンテージを取りやすい。

また、パワー6000のW・ブレイカーでもあるので、このカードが最速で出てくる時点で相打ち以上で対抗できるブロッカーはほとんどおらず、次の相手ターンまで残した場合、4枚のシールドと通常より2マナ多くブーストされフィニッシャーを出される危険性が高まる。

似たスペッククリーチャー《大作家 シンボー》が登場したがあちらはマナ回収でありビートダウンでは充分使用するに値するだろう。

《邪帝斧 ボアロアックス》能力を使い、それを装備した《龍覇 サソリス》進化元にするのも悪くない。召喚酔いがなくなり《邪帝斧 ボアロアックス》能力をもう一度使えるようになる上、マナブーストできるので踏み倒すクリーチャーの選択肢を増やしつつマナの損失をカバーできる。

スノーフェアリーとしても扱えるため、【スノーフェアリー】にもすんなり入る。
《ダイヤモンド・カスケード》《ダイヤモンド・フォール》など、【スノーフェアリー】フィニッシャーは癖の強いものが多く、その中では状況に左右されにくいこのカードの安定した強さは光るものがある。

【緑単サソリス】自然入りのビートダウンでは《諸肌の桜吹雪》に並ぶアタッカーになるだろう。総じて強力なクリーチャーであり、自然入りの中速ビートダウンでは広く採用できるだろう。

  • Dramatic Card版には「Let it go」の文字が。スノーフェアリーという事もあり、同名の主題歌である2013〜2014年の大ヒット映画「アナと雪の女王」を意識しているのだろう。

サイクル

DMR-16極に収録された新種族の進化クリーチャー自然は極、真共通。は真、は極のみの収録となっている。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考


Last-modified: 2018-09-26 (水) 22:49:21