《ホワイトアウト》

ホワイトアウト P 光文明 (10)
呪文
バトルゾーンにある進化でも光でもないクリーチャーをすべて、新しいシールドとして持ち主のシールドゾーンに裏向きにして置く。その後、このようにしてシールドゾーンに置いたクリーチャー1体につき、自分の山札の上から1枚目を裏向きのまま、新しいシールドとして自分のシールドゾーンに置く。

DMX-21で登場した呪文

進化以外のクリーチャーを敵味方問わず一斉にシールド送りにし、自分はその数だけシールド追加を行う。

《白騎士の聖霊王 HEAVEN》を彷彿とさせるリセット能力を持ち、でも進化でもない相手をまとめてシールド送りに出来る。うまく撃ち込めば《悪魔神バロム》を使った時のように相手のクリーチャーを一気に奪い去ることができる。

進化クリーチャーは対象にとることができないため、《超神星アポロヌス・ドラゲリオン》などの肝心なクリーチャー除去できない可能性がある。ただしそれは味方にも言え、うまく使えば他文明の強力な進化クリーチャーを温存することが可能。

さらに、リセットによってシールド送りにしたクリーチャーの数だけシールド追加を行う能力を持つ。味方を除去すればシールドが2枚ずつ増え、敵を除去すれば攻撃手が減って味方のシールドが増える。つまり、敵味方問わず除去したクリーチャー1体につき2打点分の防御ができるという、鉄壁の布陣を敷く事ができる。

そのかわりコストが10と非常に重く、似たようなリセットカードである《バイオレンス・ヘヴン》のようなコスト軽減も持たないため、唱えること自体が難しい。
この呪文に繋がり、除去対象からも外れる《スーパー大番長「四つ牙」》進化元進化クリーチャーである《神羅サンダー・ムーン》などと組み合わせると良い動きをするかもしれない。《聖竜ボルシャック・ウルフェウス》コスト踏み倒し対象でもある。

聖霊王のようなのみを優遇するカードとして使ってもいいが、他文明と組み合わせてこそ真価を発揮するカードと言える。デッキビルディングの腕が試されるだろう。

  • 「ホワイトアウト」はフレーバーテキストにもある通り、白凰家に伝わる奥義。全身の血液を脳に集めることで極限の集中を行う技である。漫画「SX」では白凰がこの技を使った代償として、目に異常をきたしてしまう。
    コストの高さや、場合によっては相手にも大量のシールド追加を許してしまう点などは、元ネタと同じくリスキーな匂いを漂わせる。
  • なお、この技の特徴として使用中他人には顔がのっぺらぼうのように見えてしまうというものがあったが、カードイラスト白凰にそのような様子は見られない。
    フレーバーテキストには「開始する」とあるので、恐らくイラストの時点ではまだ使っていないのだろう。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考