《ボルシャック・クロス・NEX(ネックス)/ボルシャック英雄譚(サーガ)

ボルシャック・クロス・NEX SR 火文明 (9)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン 12000+
スピードアタッカー
パワーアタッカー+5000
T・ブレイカー
誰もコスト4以下のクリーチャーを召喚できない。
ボルシャック英雄譚 SR 火文明 (8)
呪文
自分の山札の上から6枚を見る。その中から、《ボルシャック》と名前にあるドラゴンを好きな数、バトルゾーンに出してもよい。残りを好きな順序で、山札の一番下に置く。

DMEX-04で登場したアーマード・ドラゴンツインパクト

クリーチャー面は《ボルシャック・クロス・NEX》と同じ能力。このカードの呪文面で捲ればスピードアタッカーT・ブレイカーが出せるため、シナジーを形成している。

呪文面は自分の山札の上から6枚を見て、「ボルシャック」と名前にあるドラゴンを好きな数、コスト踏み倒ししてバトルゾーンに出せる効果。
進化も出せるため、《聖竜ボルシャック・ウルフェウス》《激竜ガイアール・B》バトルゾーンに出せる。

登場後はファンデッキ界隈で【ボルシャック・NEX】に投入される事が多い。このカードの登場以降【ボルシャック・NEX】は【ボルシャック英雄譚】と呼ばれるようになった。

  • 同じ「ボルシャック」サポートである《ボルシャック・ドラゴン/決闘者・チャージャー》との相性は悪くはない。《決闘者・チャージャー》でこのカードがめくれればこのカードを手札に加えながらマナブーストができるという点でシナジーがある。また、《ボルシャック英雄譚》でスピードアタッカーも持たない準バニラの《ボルシャック・ドラゴン》が捲れても即戦力にならないように思われるが、《激竜ガイアール・B》《ボルシャック・ドギラゴン》などの進化クリーチャーが一緒に捲れればそれらの進化元として間接的に即戦力になる。
    • 欠点として《決闘者・チャージャー》で山札の中の「ボルシャック」を引き当てすぎると、この《ボルシャック英雄譚》で踏み倒せる数が少なくなるリスクが出てくるが、ボルシャックの名のつくドラゴンをふんだんに投入したデッキであれば、あまり気にならないリスクである。また、逆に「ボルシャック」ではないカードばかりが捲れればそれらは全て山札の下に送られるので、《ボルシャック英雄譚》で踏み倒せる数が多くなりやすい。
  • オレガ・オーラをプレイする際に、新たにGR召喚を行うことを選んだ際に超GRから捲れたGRクリーチャーがこのクリーチャーの能力でGR召喚できない場合も、オーラはバトルゾーンに出せなくなり、手札に残る。

関連カード

収録セット

参考


公式Q&A

Q.《ボルシャック・クロス・NEX》がいるときにコスト4以下のクリーチャーを召喚せずにバトルゾーンに出すことはできますか?
A.はい。可能です。
引用元