《ボルシャック・ドラゴン》

ボルシャック・ドラゴン VR 火文明 (6)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン 6000+
W・ブレイカー
攻撃中、このクリーチャーのパワーは、自分の墓地にある火のカード1枚につき+1000される。

DM-01で登場したアーマード・ドラゴン

自分の墓地カードに応じて攻撃中にパワーが上昇する。

最初に登場したボルシャックであり、漫画及びアニメ「デュエル・マスターズ」の初期において、主人公切札 勝舞が文字通り、"切札"として使用していたカード
能力の「自分の墓地にあるカード1枚につき+1000される」は、「死んだ友の哀しみを力に変える」と解釈できることから、主人公が持つにふさわしい正義のカードとして認知。知名度ではデュエル・マスターズを代表するカードでもある。

しかし、パワーが上がるだけの単調なスペックではカードパワーの見劣りは否めず、弾が進むにつれて採用率は減少。DM-06《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》が登場してからは漫画やアニメでもそちらがプッシュされるようになり、全く影の薄いカードとなった。

DM-26完全上位互換《ボルシャック・大和・ドラゴン》として生まれ変わり、以後はスピードアタッカーがついて使いやすくなったそちらに役割を譲った。

後に「ボルシャック」のカード名を持つことはメリットとなったが、《超竜キング・ボルシャック》進化元にするならば、後輩の《ボルシャック・NEX》《時空の火焔ボルシャック・ドラゴン》の方が都合がいい。残念ながら、このカードの出番はファンデッキに限定されてしまうだろう。

逆に、漫画やアニメの作中で印象的な活躍をしたことから、ファンデッキにおいては格好の材料となる。カードイラストの種類は豊富なので、何種類か集めて入れてやるとデッキの内容も大分華やかになるだろう。

  • 漫画での技名は、口での攻撃は「ボルシャックファイアー」、背中の2つの大砲による攻撃は「ボルシャックWファイアー」。前者はクリーチャーを、後者はシールドに対して放たれた。
  • 同じタカラトミーが発売するTCG「WIXOSS」との相互コラボレーションで《幻竜 ボルシャック》としてシグニ(クリーチャーに相当)カード化された。数多くコラボしてきた中で初の擬人化かつ美少女ということで波紋を呼んだ。イラストはこちらでもお馴染みであり、あちらでも数多くのカードを手がけている単ル氏、プロモ版はコウサク氏が担当。なお、あちらからは主人公「小湊るう子」のルリグである「タマ」がDMX-22《DNA・スパーク》のイラストに登場している
    • フレーバーテキストはDM-01と同じもの。シークレット版では「コッコ。さあ。おいで。」とおそらく《コッコ・ルピア》を呼んでいる。
    • るう子に【天門ループ】を使わせているイラストで話題となったWIXOSS公式ツイッターにおいて当カードが収録された拡張パックが発売された際、拡張パックの箱の横にるう子が「ミルザムが殿堂したからボルシャックを組むよ・・・」と言っているイラストを添えられた画像が投稿された。

関連カード

ボルシャック・ドラゴンの姿が見られるカード

フレーバーテキスト

  • DM-01DMC-01
    その怒りに触れたために、ひとつの都市が消滅した。
  • DM-18DMC-66
    片目のボルシャックを見たら、その姿を魂に刻むと良い。そのは真に勇敢なだから。
  • DMX-21
    ボルシャック・ドラゴンの両肩に存在するボルシャック・ブラスターは、目にも止まらぬ攻撃で相手の防御を打ち崩す。
  • DMX-21シークレットカード
    友情を力に。それがの象徴。
  • DMX-22
    ドラゴンとファイアー・バード、その友情の物語はここからはじまった。
  • DMEX-01
    デュエル・マスターズの歴史はここから始まった。
  • DMC-53
    心をひとつにして信じあったとき、その夢はきっと叶う!
  • パフチョコ1(P48/Y6)
    失いし片目は歴戦の証、その強さ雷電の如く!
  • パフチョコ1(P56/Y6)
    燃え上がる爆炎は闘士の証。敗れていった友の悲しみを怒りに変える!
  • プロモ(P34/Y6)
    怒りは力に、悲しみは勇気に変わる。散っていった仲間の魂をそのペン先に込めて、紅き炎で描き上げる!!
  • プロモ(P50/Y7)
    日本一を目指す者たちを、彼はいつだって全力で応援する!!
  • プロモ(P95/Y9)
    デュエルがつないだ俺たちの友情は永遠だろ? ───切札勝舞

収録セット

参考


Last-modified: 2019-01-17 (木) 01:40:27