《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》

ボルメテウス・サファイア・ドラゴン VR 火文明 (10)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン 11000+
スピードアタッカー
パワーアタッカー+3000
T・ブレイカー
このクリーチャーがシールドをブレイクする時、相手はそのシールドを自身の手札に加えるかわりに墓地に置く。
※殿堂入り

DMC-27で登場したアーマード・ドラゴン

《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》転生した姿という意味合いで登場した、DMC-27の5枚の限定カードのうちの1枚。
コストは10と重いが、シールド焼却T・ブレイカーに加えてスピードアタッカーという驚異のスペックを誇る。

シールド焼却スピードアタッカーが抜群に相性が良く、切り込むことが出来ればT・ブレイカーで3枚ものシールドを葬り去る。相手から見れば突然シールドの半分が消え去ることになり、稼げるアドバンテージは膨大である。
2回殴るだけで相手のシールドを6枚分消し去る事が出来、シールド焼却故にS・トリガー裁きの紋章Z、返しのターンの増えた手札による反撃を許さないため、対処もされにくく単体で殴り勝ってしまうことも少なくない。

極端な話、自分の場に殴り手がいて、相手のシールドが3枚以下でブロッカーがいなければ勝ち同然であった。後に登場したシノビ革命0トリガーがあっても十分脅威である。

性能面はプレミアム殿堂の経歴から言うまでもなく強力極まりないが、相応にコスト10と重いため、それらをどう克服するかが課題となる。またブロッカーに止められてしまうと、シールド焼却が武器である以上強みを発揮出来ない。
「出す方法」と「ブロッカーの対処」の2点が《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》を運用する上での課題となる。

基本は順当にマナブーストするかコスト踏み倒しを狙うことにになるだろう。
ビッグマナならマナからの召喚を視野に入れた、幅広い運用が可能。フィニッシャーであるため《ドンドン吸い込むナウ》とも相性が良く、時間を稼いだり邪魔なブロッカーバウンスしながら奇襲出来るタイミングを計ることができる。除去【マナソース】エンジンを兼ねる《無敵剣 カツキングMAX》とは相性がいい。
コスト踏み倒しを狙うなら【連ドラ】がいいだろう。小回りこそ効かないものの、コスト踏み倒しで出したいパワーカードとしては十分すぎる性能である。

性質的に一切クセがなく、「相手に手札を与えてしまう」というアタッカーが常に背負う難しさをも克服した、極めて扱いやすいパワーカードである。その奇襲性からビートダウンにも、相手に反撃の芽を与えず純粋なアドバンテージを稼ぐ点からコントロールにも採用できる。

無論、いくら使いやすく強力であるとはいえ、無作為に採用するのは禁物である。エピソード2以降ファッティフィニッシャーは爆発的に増えているため、デッキの方針と相談して適任なフィニッシャーを採用するべきだろう。

中でも同じ火文明で10コストである、《勝利宣言 鬼丸「覇」》《二刀龍覇 グレンモルト「王」》《勝利天帝 Gメビウス》がライバルとして挙げられる。それぞれ明確な強みがあるため、デッキに合うものを選びたい。
ファッティフィニッシャーは相手に有効に働かない場合こちらの戦略に甚大な被害が及ぶため、運用が可能であれば複数を採用するのも手。他のフィニッシャーが刺さらない場合でも、もう一方が役割を遂行してくれるので、結果的に安定性を高めることになる。

高い奇襲性を持ち、純粋かつ強烈なアドバンテージを稼ぎ出す強力なフィニッシャーアタッカーである。攻撃を上手く通すことができれば、相手に有無を言わさぬ凶悪なフィニッシュ力を見せつけてくれるだろう。


環境において

転生編環境の末期、2006年2月11日発売のDMC-27で登場。この時期では、多くのプレイヤーを絶望させた凶悪カードである《無双竜機ボルバルザーク》が2006年3月15日付けでプレミアム殿堂を控えていたが、このカードはプレイヤー達が胸を撫で下ろすことを決して許しはしなかった。

当時は《母なる大地》《転生プログラム》などのコスト踏み倒し呪文が4枚フルに使え、あっさりとコスト踏み倒しができ、コストの重さは大した問題にならず発売当初から注目を浴びた。また、《セブンス・タワー》《大勇者「ふたつ牙」》などのマナブーストや、ドラゴンの豊富なサポートが充実しており、環境も大して高速化していなかったことも大きい。

DM-18の発売後に行われた公式大会では、オープンクラスでアフタージェネレートリーグが実施された。ここではカードプールに制限が設けられ、転生編で登場、再録されたカードのみが使える環境となっていた。過去の強力なカードのいくつかが使えないこともあり、サファイアは遺憾なくその実力を発揮。《大勇者「ふたつ牙」》を中心にしたマナブーストと併せた【牙サファイア】が上位を独占した。通常の環境でも通用するデッキだったため、各地の公認大会でも使用者が多く見られた。

その後、不死鳥編に入るとDM-19にて《インフェルノ・ゲート》が登場。
《ダンディ・ナスオ》《エマージェンシー・タイフーン》で2ターン目からこのカードを墓地に落とし、素早くリアニメイトして殴るという戦術が出現することとなった。
これにより、自然の4文明で構成された【茄子サファイア】と、強力な【除去コントロール】にこのカードと《インフェルノ・ゲート》を加えた【除去サファイア】が登場した。山札破壊呪文《ロスト・チャージャー》は自分に使うこともでき、墓地肥やしマナブーストが同時に行えることからもリアニメイトは容易だった。3ターン目にマナブーストできれば、最速4ターン目に《インフェルノ・ゲート》から降臨させる事が可能。サファイアはその圧倒的なカードパワーにより一方的なゲーム展開に持ち込めたため、どこの大会でもこのカードをメインにしたデッキが環境を支配していた。

その後、【茄子サファイア】に対して有利に戦える【除去サファイア】が登場。このデッキタイプも《インフェルノ・ゲート》の高速召喚が可能な上、《魂と記憶の盾》などで相手のサファイアを墓地以外にも送れるので、サファイア時代最後のトップメタとなった。当時は《無双竜機ボルバルザーク》にも負けないくらい環境を荒らしまわっていたため、このカードが暴れていた環境は、「ボルバル・マスターズ」に続いて「サファイア地獄」と呼ばれるようになる。この時代のカードプールには《サファイア》以外に凶悪なフィニッシャーは存在しなかったので、《サファイア》と共に大暴れしていた《インフェルノ・ゲート》は、「サファイアが強いのであって、このカードが強いわけではない」、「サファイアがいなければ使わない」と、単体での評価はあまり良くなかった。そうした状況から、「サファイア地獄」を快く思っていなかったプレイヤーの怒りの矛先は、ほとんどが《インフェルノ・ゲート》ではなくて《サファイア》に向いていた。

転生編環境から不死鳥編環境を荒らし回ったことから、2007年1月15日にプレミアム殿堂が決定。長らく公式大会などでは使用ができなくなった。登場から一年も満たない中での殿堂である。殿堂入りを介さずに直接プレミアム殿堂入りしたカードは《サファイア》が初めてであり、現在でも数少ない事例である。

その後は長らく音沙汰がなかったが、エピソード2期に発売されたDMX-12ではプレミアム殿堂となったこのカード《無双竜機ボルバルザーク》とともに再録されるというサプライズがあった。

革命編に入ると2015年9月19日付けで、デュエル・マスターズ初のプレミアム殿堂の解除が決定した。元々デュエマに限らず「遊戯王」などごく一部のTCGを除いて禁止の格下げや制限解除といったものがほとんど存在しなかった為、当時ではまさに異例の対応であった。
殿堂の降格に伴いDMR-18にてシークレットカードとして再録され、完全新規イラストによるWINNERカード版も作られた。

当時と比べてカードプール全体がインフレしており、高速化で張り合えるデッキが増えたのは無論、優秀な除去の充実によって対処は容易になり、昔のように単体でシールドをすべて焼却することは少なくなった。対抗策が増えたので、運用しても秩序を壊さないと判断されたのだろう。
また、《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》を早期にバトルゾーンに出せる《インフェルノ・ゲート》《母なる大地》《転生プログラム》などがプレミアム殿堂したことも大きい。

殿堂復帰当初は主に【ロマノフサイン】に挿される形で大会に顔を出すことがあったが、徐々に盤面に触れられない点やブロッカーに弱い点などがネックになり、次第にこのカードは相性の良いデッキにも入らないことが増えた。
プレミアム殿堂指定前にはカードプール上に存在しなかったコスト踏み倒しメタによってあっさりと早出しが封じられる点、ビッグマナならエクストラターンによって下準備による遅れを取り戻せる《勝利宣言 鬼丸「覇」》の方が優先される点なども、このカードが復帰後もそれほど活躍していない要因となった。
しかしデュエルマ☆スターカップ関東大会Cブロック優勝の白黒赤【ヘブンズ・ゲート】のフィニッシャーとして投入されており、ブロック構築ではカードパワーの高さを買われることもあった。

革命ファイナル環境終期では、【緑単ループ】が4ターンから5ターンという早さでライブラリアウトを容易に発生させるようになった。これは《サファイア》と同じS・トリガーを回避できる勝ち筋であるが、速度面と安定性においてこのカードより優れており、大きな向かい風となっていた。

それでも、『DMGP-7th』(新章デュエル・マスターズ双極篇の2ブロック構築)でベスト32に残った【チェンジザ覇道】に採用されるなど、環境から完全に消え去ったわけではない。

このようにプレミアム殿堂解除以降、環境を破壊するような事態は無くなっており、自信をもって「強い」とは言い切れなくなった。ある意味ではいかに環境がインフレしたのかを知らしめる一枚と言えるかもしれない。


その他

  • 【茄子サファイア】等の様に、このカードを手軽にサーチ墓地送りからの踏み倒しを行えるデッキが登場してしまったため、殿堂入りですら効果が薄かったのもこれほどの早さで禁止化されてしまった一因と言える。そういった意味ではメーカーの調整ミスといっても差し支えないだろう。
  • このカードはその巨大なスペックを、全て真っ向で純粋な攻撃性のために費やしている。「場を制圧して」勝つものではなく、「相手をロックして」勝つものでもなく、「マナを奪って」勝つものでもなく、デュエマの王道であるところの「ファッティでたくさんシールドを割って」勝つというのを突き詰めた、ある意味、最も「切り札」らしいカードと言える。
  • 略称は「サファイア」「ボルメテ青」「ボルサファ」など。

このカードが基盤となっているデッキ

関連カード

フレーバーテキスト

  • プロモ
    勝利と殿堂の栄光を君に!
  • プロモ(P116/Y16)(P59/Y17)(P60/Y17)(P61/Y17)(P62/Y17)(P63/Y17)
    15年続く決闘の歴史。その眼に焼き付けよ。

収録セット

参考