《ボルメテウス・ブラック・ドラゴン》

ボルメテウス・ブラック・ドラゴン P 闇/火文明 (8)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン/デーモン・コマンド 8000
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のクリーチャーを1体破壊する。
このクリーチャーがシールドをブレイクする時、相手はそのシールドを自身の手札に加えるかわりに墓地に置く。

DMD-24で登場したアーマード・ドラゴン/デーモン・コマンド
かの《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》悪魔の力を得て帰ってきた姿。

スペック《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》《狼虎サンダー・ブレード》を足してコストパワーが少し増えたもの。
cip確定除去が可能となったのは非常に大きな進歩であり、出しただけでも確実に仕事をしてくれるようになった。制圧要員とフィニッシャーを両立できるようになったため、これまでのボルメテウスを上回る活躍が見込める。

デッキスロットがとにかくカツカツな【ボルメテウスコントロール】ではシールド焼却クリーチャー除去能力を付けたいと思う場面も多く、真っ先に採用されるだろう。
特に【ボルメテウスコントロール】の天敵とも言える《偽りの王 ナンバーナイン》などの厄介なロッククリーチャー破壊できるのは優秀。

比較対象は同じマナコスト《ボルメテウス・レッド・ドラグーン》《真実の名 ボルメテウス・ゼロ・ドラゴン》だろう。それらはシールド焼却関係の能力しか持たないので、このクリーチャースペックが一歩勝る。
しかし、文明の違いがあるので一概には比較できないため、採用に関してはデッキ文明とよく照らし合わせたい。

【ターボゼニス】などのビッグマナでは《「祝」の頂 ウェディング》《偽りの王 ヴィルヘルム》に出番を奪われがちだが、7〜8コスト圏内で戦うコントロールでは優秀。1枚か2枚挿しておくと便利かもしれない。

ボルメテウスの名を受け継ぐに相応しい優秀なフィニッシャーと言えるだろう。

関連カード

収録セット

参考


Last-modified: 2018-12-03 (月) 23:42:48