《ボント・プラントボ》

ボント・プラントボ C 自然文明 (3)
呪文
自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。それがパワー12000以上のクリーチャーなら、自分の山札の上からさらに1枚、マナゾーンに置く。

DMRP-04魔で登場した自然呪文

自分の山札の上から1枚をマナゾーンに置き、それがパワー12000以上クリーチャーなら、さらに1枚マナブーストする効果を持つ。

名前からも分かるように、《ボントボ》呪文版といったカードである。
あちらと同様、【ゲイル・ヴェスパー】のような高パワークリーチャーを大量に投入したデッキで採用される。

《ボントボ》に比べるとクリーチャーこそ残らないものの、2コストブーストから繋がなくとも3ターン目にプレイできるのは大きな利点。
また、3→5の流れができるので、同弾収録の《タマタンゴ・パンツァー》S・トリガー付加条件を満たしやすい。

NEOクリーチャー進化クリーチャーを使わないのであれば《ボントボ》より優先して採用できる。

先述の【ゲイル・ヴェスパー】NEOクリーチャーをあまり使わないため、《ボントボ》よりこちらが優先して採用される傾向にある。

双極篇になるとパワー12000以上のクリーチャー面が付いた実用的な自然単色ツインパクトが続々登場し、《カブトリアル・クーガ/ミステリー・ディザスター》という強力なコスト踏み倒し呪文まで登場したため、【チェイングラスパーループ】の初動マナブーストをこれに一任するケースがテンプレになった。

  • アニメ「デュエル・マスターズ!」第2話ではカブト鬼墓地にこのカードがあることが確認できる。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考