《ボントボ》

ボントボ UC 自然文明 (4)
クリーチャー:グランセクト 3000
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。それがパワー12000以上のクリーチャーなら、自分の山札の上からもう1枚、マナゾーンに置く。

DMRP-01で登場した自然グランセクト

cipで1マナブーストし、それがパワー12000以上クリーチャーであればもう1マナブーストできる。
《エコ・アイニー》パワー12000版、といったクリーチャー。最速2マナブーストに成功すれば次のターンマナチャージで7マナに達する。

パワー12000以上クリーチャーは高コストのものが大半であり、このカードの能力を最大限に活かそうとするとマナカーブの崩れたデッキになりがち。《ルツパーフェ・パンツァー》などの低コストデメリットを持つクリーチャーも積極的に採用し、デッキの安定化を図りたい。

登場当初はグランセクト種族デッキなら採用圏内というところであった。後に【ゲイル・ヴェスパー】が成立すると、稀にだがマナブーストとして2枚程度採用されるようになった。

だがその後、DMRP-04魔にて呪文ではあるが、同じ条件で2マナブーストできる上に、コストが1軽い《ボント・プラントボ》が登場。
クリーチャーであることが生きなければあちらに軍配が上がるだろう。幸いグランセクトにはNEOクリーチャーが豊富であるため、その進化元となれるこのカードの採用価値は十分にある。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DMRP-01
    失礼!最近行方不明者が多いもので、警戒を強めている所だンボ! ---ボントボ
  • DMSD-05
    場に出ただけでマナが増えマース。しかも、2マナ増えるかもしれないなんてぶっトンボーーー!   ボントボ

収録セット

参考