《ボントボルト》

ボントボルト SR 自然文明 (12)
クリーチャー:グランセクト 16000
このクリーチャーの召喚コストを、バトルゾーンにあるクリーチャー1体につき1少なくする。ただし、コストは0以下にならない。
マッハファイター
T・ブレイカー
自分のターン中に、このクリーチャーがバトルに勝った時、次のターン、自分は攻撃されない。

DMRP-05で登場したグランセクト

バトルゾーンクリーチャーの数だけコスト軽減できる大型ファッティマッハファイターを持ち、自ターン中バトルに勝てば次のターン、相手からのプレイヤー攻撃を受けなくなる。

マッハファイターで相手クリーチャーの頭数を減らしつつ、1ターンの間相手からの攻撃を防ぐ防御的なファッティ
能力の性質は《伝説のレジェンド ドギラゴン》に近い。
あちらはエクストラウィンも防げるが、シールドブレイクを防げるのはあちらに無い強み。

極端な話、バトルゾーンにいるクリーチャーが合計11体以上居れば1マナ召喚できる。そこまでいかなくても召喚コストが低くなる対象は、相手のクリーチャーの数も含まれるため、中盤以降からの召喚がやりやすくなる。この点は《統率するレオパルド・ホーン》を彷彿させる。
後述の効果を発揮させやすくでき、高パワーもあってか殴り返しも効かない。
特に自身のグランセクトコスト軽減する《一番隊 ルグンドド》と相性がいい。(ルグンドド1体につきコストが2軽減されるため)

【轟破天九十九語】では1ショットキルプランを取る際に失敗時のための保険を掛けるための手段として重宝される。ただし、《オリオティス・ジャッジ》で盤面を一掃されると逆転される恐れがあるので、過信は禁物。

ルール

漫画・アニメ等での活躍

その他

  • 自分が攻撃されななくなる期間が「次の自分のターンのはじめまで」や「次の相手のターンの終わりまで」ではないため、エクストラターンで連続して自分のターンになった場合は前のターンの効果が実質無意味になってしまう。

関連カード

収録セット

参考


公式Q&A

Q.このクリーチャーを召喚するコストはバトルゾーンにいる自分のクリーチャーの分だけ少なくなるのですか?
A.いいえ、相手のクリーチャーも含め、バトルゾーンにいるすべてのクリーチャーの分だけ少なくなります。

Q.自分は攻撃されないとありますが、自分のクリーチャーは攻撃されますか?
A.はい。攻撃されなくなるのは自分への攻撃のみです。