《ポキラ》

ポキラ UC 水文明 (4)
クリーチャー:サイバーロード 3000
このクリーチャーで攻撃するかわりに、タップして次のTT能力を使ってもよい。
TT−種族を1つ選ぶ。このターン、その種族のクリーチャーがバトルゾーンから自分の墓地に置かれるとき、墓地に置くかわりに自分の手札に戻す。

DM-09で登場したサイバーロード

選んだ種族に1ターンの間、破壊置換効果手札帰還能力=モヤシを付けるクリーチャー

タップ能力なので始動が遅いのが使いにくいが、様々なクリーチャー能力を分け与えることができ、生き残ればずっと能力を使える。
普通にデッキに組み込むには微妙なカードなので、何らかのコンボに組み込みたい。

  • 2017年11月18日の事務局暫定回答に従えば「バトルゾーンから自分の墓地に置かれるとき」とある置換効果はまだバトルゾーンにあるタイミングで、言い換えるとバトルゾーンから効果が生成される裁定となっている。そのため、クリーチャー以外として、つまり、進化元封印として墓地に置かれる際は、効果が生成されないため、裁定変更による強化は受けられなかった。
    • ところが2018年8月6日の《ボマーザウルス》に関する事務局正式回答としては、進化元として置かれた場合は適用されないが、封印として墓地に置かれる場合は能力が誘発するという裁定が下った。この裁定を同じ「バトルゾーンから自分の墓地に置かれるとき」方式のテキストであるのこのカードに当てはめる限り、このカードもまた同様の扱いを受けるということになる。しかし、《闇侯爵ハウクス》の裁定変更の際のように引き合いに出せる前例も無く、なぜこのような裁定になったかという説明も公式からなされなかったため、特殊裁定とも取れる内容となった。

サイクル

DM-09の選んだ種族を強化するタップ能力持ちクリーチャー

収録セット

参考


Last-modified: 2019-01-14 (月) 23:58:21