《ポクチンちん》

ポクチンちん SR 無色[ジョーカーズ] (3)
クリーチャー:ジョーカーズ 3000
相手のターン中に、相手がコストを支払わずにクリーチャーをバトルゾーンに出した時、相手はそれを自身の山札の一番下に置く。
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、プレイヤーを1人選ぶ。そのプレイヤーは自身の墓地にあるカードをすべて山札に加えてシャッフルする。

DMEX-02で登場した無色ジョーカーズ

相手のターン中、コストを支払わずにバトルゾーンに出た相手のクリーチャー山札の下に置かせるコスト踏み倒しメタ能力と、プレイヤー1人の墓地にあるカードすべてを山札に戻すcip能力を併せ持つ。
2つともメタの類に入る能力ではあるが、後述するように環境を大きく揺るがすほどの強さを誇る。

前者のコスト踏み倒しメタは、回収が難しい山札の下に送る上に、G・ゼロなどの召喚にも対応するため、新章以降よく見られるメタの中でも、かなり強力な部類に入る。
《洗脳センノー》とは違ってcipを許すのが唯一の欠点だが、それでも凶悪。

後者の墓地リセットは、相手の墓地肥やしの妨害はもちろんのこと、自分の山札切れの防止や墓地に落ちた自分のキーカードを山札経由での再利用を行うことができるため、とても便利。ただし、能力は強制なため、必ずどちらかのプレイヤーを選んで能力を行使しなければならない。選んだプレイヤーの墓地にカードがなければ、シャッフルのみを行う。

ただでさえ、コスト踏み倒しメタも、墓地リセットも、今の環境では刺さるデッキが多いため、当然その両方の能力を兼ねているこのカードは大きな注目を集めることになる。しかも、新章以降のカードらしく、これほど強力なメタ能力を持ちながら一定水準のパワーは確保されているため、《ゼンメツー・スクラッパー》《堕魔 ドゥシーザ》に引っかからない耐久力もある。
【ジョーカーズ】はもちろんのこと、その強力なメタ能力を買われ、デッキスピード的にループ系統がキツイ【チェンジザダンテ】にもメタカードとして使用されている。その他、このカード無色であることもあって、ほとんどのコントロール系統のデッキに入るほどの汎用性の高さも持ち、従来の軽量級のメタカードとは一線を画すほどの異常なまでの人気を誇る。

環境の大半のデッキに刺さるため、このカードによって手札で腐ってしまうカードも多い。ここまでくるとメタというよりはロックに近く、環境を否定するかのようなカードとなっている。

このカードが一番刺さるのは、肥やした墓地をリソースとしてコスト踏み倒しを行う「無月の門」やリアニメイト能力を持ったカード、ないしそれらを扱うデッキだろう。コスト踏み倒しメタ墓地リセットの両方が、「無月の門」やリアニメイト能力によく刺さるため、【デ・スザーク】【ジャバランガループ】は打撃を受け、目に見えて数を減らした。他にも、リアニメイトを行うデッキが大きく数を減らしており、リアニメイトを主軸としたデッキを組むものはめっきり減った。リアニメイトは闇が入るデッキではよく見られるメジャーな戦術の一つであったため、このカードは環境にも大きな影響を与えたといってもいい。

ただし、自分のターン中は能力が発動しないため、《ヘブンズ・ゲート》《インフェルノ・サイン》をトリガーされたり侵略ZERO革命0トリガーを発動されるとコスト踏み倒しを許してしまうので注意。

  • モチーフは木魚、鈴。頭には線香を載せている。
    • カード名の由来は木魚を叩く音(ポクポク)と鈴の擬音「ちーん」であると思われる。
  • テキスト1行目の「バトルゾー(ン)」が偶然にもイラストと重なってしまい「バトルヅー(ン)」に見える。
  • アニメでは「デュエル・マスターズ!」14話で登場。
    ジョーカーズ殺人事件の被害者にお経をあげていたほか、死人をお化けとして蘇らせる能力を持つ。モチーフがモチーフだけに、常に読経のような抑揚を抑えた話し方をしていた。デュエマでは黒い人戦で使用。cip黒い人の墓地利用戦略を封じた。
    • ジョーはこのクリーチャーを作った事を覚えておらず、黒い人同様にデッキーが寝ぼけて創造したものと思われる。
    • 担当声優はハニーQと同じ國立幸氏。 なお、EDクレジットでの表記は「ポクチンチン」となっていた。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考