《マイト・アンティリティ》

マイト・アンティリティ SR 自然文明 (6)
NEOクリーチャー:グランセクト 8000
NEO進化:自分の自然のクリーチャー1体の上に置いてもよい。
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、クリーチャーを2体、自分の墓地からマナゾーンに置く。
キズナプラス(このクリーチャーが攻撃する時、その下にあるカードを1枚、自分の墓地に置いても良い。そうしたら、このクリーチャーと自分の他のクリーチャー1体のKP能力を使う)
KP−コスト4以下のクリーチャーを1体、自分のマナゾーンからバトルゾーンに出す。

DMRP-03で登場した自然NEOグランセクト
クリーチャーを2体墓地からマナゾーンに置けるcipと、コスト4以下のクリーチャーを1体、マナゾーンからコスト踏み倒しするキズナプラスを持つ。文明は問わず、地味に進化でも出せるのがポイント。

自軍の頭数を増やす能力は単純に強力。マナが減る心配もcipマナ加速によってある程度補える。また、墓地マナバトルゾーンと回すことで間接的なリアニメイトになったりする。

  • こういう点では、《カラフル・ナスオ》との相性は抜群である。マナと墓地を自由自在に調整できるのがポイント。《ナスオ》自身が4コストと、《アンティリティ》の射程に収まっているのもうれしい。

デザイン的にはキズナキズナプラスキズナコンプといった《キズナ》系統の能力持ちと組み合わせ、能力を何度も使うことで、1ターンに大量のクリーチャーを並べることを狙ったものだろう。
その傍らで《ロロカゲティ》マナ装填や、《ゴアジゴティ》追加ブレイクを駆使すれば1ショットキルも可能。
これら踏み倒したNEOクリーチャーに次々と進化元を装填できる《ジュースダス・タンク》《珠を放つ者 シャケックラ》を合わせればさらに変則的な動きが可能。

このように一見能力の自由度やスペックは高いのだが、字面に反してこれが案外使いづらい。このクリーチャーから踏み倒せる4コスト以下の《キズナ》クリーチャーは色々と候補はあるが、大概がアタックトリガーの キズナプラス持ちやキズナコンプ持ちである。すぐさま連鎖的能力を使いたいとなると、スピードアタッカーを付与するか、NEO進化させるかしかない。
一方cipであるキズナは軒並み5コスト以上であり、このクリーチャーから踏み倒せるのはそれほど相性がいいとも思えない《青守銀 シャイン》くらいしかいないのが辛いところ。いずれにせよ、ある程度の下準備が必要になるのは間違いない。

  • DMRP-04魔では4コスト以下のキズナが多数登場。単体では癖が強いもののいずれもS・トリガー持ちなので相手ターン中に大量展開することが狙えるようになった。

逆に先に出していた《キズナ》クリーチャーで後出ししたこのクリーチャーの能力を使うという使い方の方が安定感があるかもしれない。連続攻撃を叩き込める《ラッシュ“ATK”ワイルド》や、耐性付与の《超越の使い 蒼転》、呪文の踏み倒しによる別ベクトルからの展開が狙える《記憶の紡ぎ 重音》、ドローソースと打点を兼ねる《甲殻鬼動隊 セビーチェン》が狙い目か。
《ラッシュ》と《蒼転》は前述のキズナからの大量展開のついでにそのままNEO進化させることもできる4コストのキズナコンプのため特に相性が良い。

《キズナ》以外に着目すると、やはり スピードアタッカーを付与できる《マイキーのペンチ》《突撃奪取 ファルコン・ボンバー》辺りか。

  • キズナプラスを使う際に自身と他のクリーチャーの《キズナ》を使うのも強制。他のクリーチャーがキズナプラスを使う際に《キズナ》持ちがこのクリーチャーしかいない場合はマナゾーンから出したくなくても出さざるを得ない。cipマナブーストがあるといえど能力を使いすぎるとマナが枯渇するので利用は計画的に。
  • 名前は「マイティ(mighty:強大な)」+「アント(ant:蟻)」だろう。
    同弾の自然キズナプラス持ちNEOクリーチャーは「カゲロウ(成虫)」、「アリジゴク(幼虫)」、「アリ(獲物)」がモチーフなのだが、レアリティが上がるたびに生物としてのレベルが下がっているという不思議な現象が起こっている。
    • ただ、蟻モチーフながら羽が生えている事(一応、一部の蟻も一時的に羽を持つ種はいる)、《ロロカゲティ》がカゲロウの成虫ではなく孵化したばかりの幼虫である可能性がある事、そしてウスバカゲロウの英名が『Antlion』である事から、このクリーチャーは蟻ではなくウスバカゲロウモチーフのクリーチャーである可能性が高い。
      そう考えると、《ロロカゲティ》(卵、あるいは孵化したばかりの幼虫)⇒《ゴアジゴティ》(幼虫)⇒《マイト・アンティリティ》(成虫)と、違和感がない。
      • なお、実際のウスバカゲロウは幼虫から成虫に変態する際に蛹になる。

収録セット

参考


Last-modified: 2018-12-04 (火) 22:45:42