《マナ・クライシス》

マナ・クライシス UC 自然文明 (4)
呪文
S・トリガー
相手のマナゾーンからカードを1枚選び、持ち主の墓地に置く。

DM-02で登場した自然呪文
S・トリガー付きのシンプルなランデス呪文。初のランデス呪文でもある。

通称:マナクラ

登場した当初はデッキに採用される事はほとんどなかったが、現在では定番のランデスカードである。2ターン目の《フェアリー・ライフ》または《霞み妖精ジャスミン》によるマナブーストから3ターン目に使い、相手のの出鼻をくじくのが役目。

続くターン《焦土と開拓の天変》を唱え、そこから《緑神龍ミルドガルムス》《緑神龍ザールベルグ》、もしくは《龍素記号Sr スペルサイクリカ》《偽りの王 ヴィルヘルム》ときれいに繋げていきたい。

マナが十分溜まった終盤では腐ることも多いが、序盤に撃てた場合の威力を考えるとデッキに投入する価値は十二分にあるだろう。《龍装艦 ゴクガ・ロイザー》効果を増幅させるなら終盤でも十分使える。

もちろんが合うなら全てのデッキに入るような汎用性は無いため、自分のデッキの性質を見極めたうえで使用したい。

  • 需要の割に再録回数が少ないためか、アンコモンの中でも飛び抜けてシングルカードのレートが高い。絶版で集めづらいことに加え、序盤に安定して唱えるためにある程度の枚数が必要となることも高額化を後押ししている。

収録セット

参考


Last-modified: 2018-12-07 (金) 17:05:09