《マナの長老(ちょうろう) ジョウモン(じい)()()マナ(かく)し》

マナの長老 ジョウモン爺 VR 自然文明 (7)
クリーチャー:グランセクト/スペシャルズ 13000
マッハファイター(このクリーチャーは、バトルゾーンに出たターンの間、タップまたはアンタップしているクリーチャーを攻撃できる)
T・ブレイカー
相手のパワー3000以下のクリーチャーはすべて、プレイヤーを攻撃できない。
枯れ葉マナ隠し VR 光文明 (2)
呪文
パワー3000以下の進化ではないクリーチャーを1体選び、裏向きにして、新しいシールドとして持ち主のシールドゾーンに置く。

DMRP-09で登場した/自然グランセクト/スペシャルズツインパクト

クリーチャー面は7コストの13000マッハファイターで、さらに相手のパワー3000以下のクリーチャーへの攻撃制限を課す。
サイズも含めて《ハイパー・マスティン》や、クリーチャーではないが《恐龍界樹 ジュダイオウ》などに近いスペックといえる。
ロック範囲外の大型クリーチャーマッハファイターで処理しつつ、小型クリーチャー攻撃を封じられる。

能力同士の相性は悪くないが、同じくらいのタイミングで《ボントボルト》召喚できるのが痛い。幸い【ゲイル・ヴェスパー】に入れるとしたら、カードとして白緑多色である点、呪文面に軽量除去が付いている点、マナコストがより小さい点などの差別化点には事欠かないため、それらの点を活かそう。

呪文面はパワー3000以下の非進化を1体、自分・相手問わずシールド送りにする。

味方に対して使う場合、シールド送りの範囲に《終末の時計 ザ・クロック》が収まるのが非常に優秀で、予め自分が《終末の時計 ザ・クロック》シールドから捲っていればわずか2コストで1ターンを凌げる。
呪文面がS・トリガークリーチャーも、パワーが3000以下の非進化でありさえすればS・トリガーの再利用が可能。

も優秀で、【チェンジザダンテ】とは合う。ただ、《ドンジャングルS7》とは防御性能で役割が被り、デッキスペース的に両方入れるのはキツイ。ツインパクトなのでツインパクトサポートがデッキの根源となる【バラギアラループ】にもピッタリ。

サイクル

DMRP-09で収録されたベリーレア多色ツインパクトサイクル

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考