《マファリッヒ・タンク》

マファリッヒ・タンク UC 自然文明 (4)
クリーチャー:グランセクト 12000
T・ブレイカー
バトルゾーンに自分の他のパワー12000以上のクリーチャーがなければ、このクリーチャーは攻撃できない。

DMRP-01で登場した自然グランセクト

4コストにしてパワー12000のT・ブレイカーと破格のスペックであるが、他に自分のパワー12000以上のクリーチャーがいないと攻撃できないデメリットを持つ。

しかし《界王類七動目 ジュランネル》《デスマッチ・ビートル》など、自然では低コストで12000以上のクリーチャーには事欠かないため、ちゃんとデッキを組めばほぼデメリットはないと思ってよいだろう。
自身も12000なのでもう一体の《マファリッヒ・タンク》を並べても攻撃できるようになる。

  • クマの手足が見受けられる車体やひまわりから突き出た三連装砲塔など、《くまくまわり》と似た特徴が見受けられる。動物兵器からさらに野菜兵器に変えられてしまったのだろうか。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DMRP-01
    他文明と友好的な関係を保ち、戦力を消耗しなかった自然文明は豊かな大地に巨大な野菜畑を産み出した。そこで取れる野菜は当然食べてもうまいが、強大な野菜兵器にもなることが判明したのだ!
  • DMSD-05
    マッハファイターは、出たターンならアンタップ状態のクリーチャーにも攻撃できる激ヤバ能力!

収録セット

参考