《マントラ教皇 バラモン》

マントラ教皇 バラモン VR 光文明 (7)
クリーチャー:オラクル 8000+
W・ブレイカー
バトルゾーンにある自分の他のオラクル1体につき、このクリーチャーのパワーは+5000され、シールドをさらに1枚ブレイクする。
このクリーチャーが破壊される時、かわりに自分の他のオラクルを1体、破壊してもよい。

DMR-11で登場したオラクル
オラクルの数だけパワーブレイク数が増加し、自身のオラクルに事実上の「セイバー:《マントラ教皇 バラモン》」を与える。

擬似セイバーは例によって置換効果であり、《封滅のマントラ ストロガノフ》とのコンボが不可能であり、7コストであるために《マントラのイザナイ カリーナ》で踏み倒せない。
更に、擬似セイバーを使用するとパワーが減少し、かえって除去の的となりやすくなるなど、便利ではあるものの所々でかみ合わない。

登場当初はスピードアタッカーを与えるオラクルが存在せず、返しに破壊以外の除去除去されてしまう可能性があったが、《爆走マントラ シラヌイ》の登場でこの欠点は改善された。

とはいえ、残念ながらオラクルデッキフィニッシャーにするには少々使いづらい性能と言える。オラクル同士の種族サポートも意外と少ない。
エピソード3は終わったものの、《師団の先導者 ツラトゥストラ》など新しいオラクルが再びフィーチャーされる可能性もあるので、今後のカードプールに期待したい。

  • バラモンとは、バラモン教やヒンドゥー教の司祭階級の総称。インドのカースト制度の頂点に位置する。
  • 漫画・アニメではバラモンとして登場したものの、自らを召喚することもなく出番が終わってしまった。バラモン自身も自身を使いづらいと自覚していたのだろうか。
  • 余談だがアニメでの衣装はカードイラストと比べると肌の露出が控えめになっている。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DMR-11
    教団の中核を担うこととなったマントラたちは、信者の数を増やしていった。そしてオラクルでありながら神々を超える力をもった教皇を誕生させたのだった。だが、それも全て、「黒幕」の手の平の上の出来事。

収録セット

参考


Last-modified: 2018-08-02 (木) 15:12:59