《ミステリー・キューブ》

ミステリー・キューブ R 自然文明 (5)
呪文
S・トリガー
自分の山札をシャッフルする。その後、上から1枚目をすべてのプレイヤーに見せる。それがクリーチャーであれば、バトルゾーンに出してもよい。クリーチャーでなければ、自分のマナゾーンに置く。

DMR-09で登場した自然呪文

《ホーガン・ブラスター》と同じく、山札シャッフルの後に踏み倒せる呪文。踏み倒せるのがクリーチャーだけになっており、他のカードは全てマナゾーンに置かれる。

強力なコスト踏み倒し呪文《ホーガン・ブラスター》調整版といったスペック。そちらの強みであった、効果によって《ホーガン・ブラスター》が出てもそれを唱え直すことで再度コスト踏み倒しを狙うことはできなくなっている。この変更は大きく、デッキにもよるがコスト踏み倒しの成功率は低下している。

だが、本家の最大の武器とみなされた大型クリーチャー踏み倒しについては問題なく可能である。運次第ではあるが《勝利宣言 鬼丸「覇」》《偽りの王 ナンバーナイン》など、ゲームセット級のクリーチャーを呼び出せることには何ら変わりは無い。ゲームの中盤に《偽りの王 ヴィルヘルム》を出すだけでも非常に大きなアドバンテージを稼ぐことができる。

また、クリーチャー以外のカードマナゾーンに置かれるおかげで少なくともマナブーストはできるため、このカードを単なる重めのマナブーストカードのように扱い、そこから大型クリーチャーの召喚に繋げるという挙動も可能。

本家とは違い自然であり、の入らないデッキへの採用も見込めるようになったほか、の入るデッキにおいても《ドンドン吸い込むナウ》でのサーチによるバウンスが可能になった。

【ミラクルとミステリーの扉】の台頭を受けてDMR-09発売当時すでに《ミラクルとミステリーの扉》殿堂入りしており、さらに同エキスパンション発売に前後して《ホーガン・ブラスター》殿堂入りしたため、これら2つのファッティ踏み倒しカードリペアとして活躍した。(>【獰猛ブラスター】
その後《ミラクルとミステリーの扉》プレミアム殿堂《獰猛なる大地》殿堂入りすると、それらに代わってこのカードを主軸としたデッキが成立する。(>【ミステリー・キューブ】

それ以外にも、クリーチャーの数が多く、また自然を絡めやすい【連ドラ】をはじめとする様々なデッキで、コスト踏み倒しマナブーストの手段として多用された。

本家同様、強力なカードであることは間違いない。相手にした時は《解体人形ジェニー》などで速やかにハンデスしたり、《早撃人形マグナム》《ウソと盗みのエンターテイナー》で踏み倒しそのものを牽制することで対処したい。

《デュエマの鬼!キクチ師範代》《禁術のカルマ カレイコ》は、クリーチャーの踏み倒しをcippigもろとも封殺し、失敗時のマナブーストさえできなくするため、非常に強力な対抗手段となる。

環境において

登場後すぐに【獰猛ブラスター】リペアとして投入され、案の定猛威を振るうこととなった。デッキに採用するならば4投推奨であり、大型弾のレアかつDASHゴールデンリスト枠で相場が高止まりするのが明らかだったことから資産ゲー化を助長することを懸念する声も大きく、このカードに関する悪評は多く聞かれた。
また、踏み倒してしまえば《ホーガン・ブラスター》と何ら変わりのないアドバンテージを稼ぐ点や、の入らないデッキに投入可能になったせいでむしろ強化された点などでも否定的な意見も見られた。

運次第とはいえ、時としてゲームエンドになりかねないスペックの高さから2015年3月14日から2019年1月21日まで殿堂入りとなった。このことでもこのカードのスペックの高さが伺える。

調整を受けてもなお本家同様、あるいはそれ以上の活躍を見せた結果、最終的に殿堂入りとなって見かける頻度は減ったが、ファッティが多いデッキでは《ホーガン・ブラスター》とともに1枚差さっていることも多い。依然として油断はできない状況であった。

しかし新章デュエル・マスターズ以降コスト踏み倒しメタが増加し、踏み倒しで出したクリーチャーをバトルゾーンに残しづらい状況になり、それを踏まえてか調整版として《カブトリアル・クーガ/ミステリー・ディザスター》が登場。だが同様のコスト踏み倒し効果を持つあちらも【チェイングラスパーループ】程度でしか使われなかったため、環境を荒らさないと判断されたためか2019年1月21日に殿堂解除。コスト踏み倒しメタが多いとはいえスペックに落ち目がなく殿堂解除の予兆が見られなかったため、プレイヤー界隈は騒然とした。

殿堂解除後は「良いカード止まり」という評価が一般的で、これでランダムの踏み倒しをするよりも充実したマナブーストマナ回収ファッティ素出しした方が強いという状況であった。復活した【ミステリー・キューブ】も大して活躍せず、殿堂解除は失敗ではなかったことが証明された。

その他

  • コロコロの付録であったエピソード3のワールドMAPには「ミラクルとミステリーの箱」として登場しており、「規格外の超巨大獣がいきなり飛び出す、自然文明ならではの豪快すぎるビックリ箱!!」と説明がなされていた。またこのカード能力が判明した時にはまだ《ホーガン・ブラスター》殿堂入りが発表されておらず、プレイヤーの間にも戦慄が走った。

関連カード

フレーバーテキスト

  • プロモ(P20/Y18)
    君自身の未知なる才能を解き放て!

収録セット

参考