《ムシ無視(ムシ)のんのん/(はい)になるほどヒート》

ムシ無視のんのん R 火文明[ジョーカーズ] (6)
クリーチャー:ジョーカーズ 4000+
バトル中、このクリーチャーのパワーを+4000する。
このクリーチャーがバトルに勝った時、コスト5以下のジョーカーズ・クリーチャーを1体、自分の手札からバトルゾーンに出してもよい。
灰になるほどヒート R 火文明 (5)
呪文
S・トリガー
コスト6以下のジョーカーズ・クリーチャーを1体、自分の手札からバトルゾーンに出してもよい。そうしたら、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。その2体をバトルさせる。

DMRP-06で登場したジョーカーズツインパクト

クリーチャー面はバトル中のパワー上昇と、バトルに勝ったときに手札からジョーカーズを踏み倒す能力
2つの能力は噛み合っているものの、スピードアタッカーアンタップキラーのようなクリーチャーバトルしやすくなる能力を持っておらず、使いづらさが目立つ。
ただ、《オッケーBros.》などを連鎖的に踏み倒すことで敵の中堅クラスを殲滅できる。

呪文面は手札ジョーカーズを踏み倒して相手クリーチャーバトルさせるS・トリガー
このカードの登場によって、すべてのコスト6以下のジョーカーズS・トリガーから出てきうるようになった、と言えばこの能力の凄さがわかるだろう。
《サイコロプス》を出せれば《オリオティス・ジャッジ》と近い効果を発揮しつつ、クリーチャーを立ててバトルも行うことができ、踏み倒しの多い環境においては強力な組み合わせとなる。
《ソーナンデス》などのJチェンジ8と組み合わせれば、次の自分のターン《ドンジャングルS7》《ジョット・ガン・ジョラゴン》踏み倒せる
またこの呪文面は自身のクリーチャー面とも相性がよく、効果バトル後に《ゲラッチョ男爵》《バッテン親父》を踏み倒せれば一度に2体の攻撃を止められる。
一応手打ちも視野に入るコストだが、最大でも1コストしか軽減できないので踏み倒し手段としては今一つ。
踏み倒し先の候補としては《超特Q ダンガンオー》が強いか。
パワーもそこそこあり、相手の小型ブロッカーなどを効果バトルで倒した上でシールドに突撃することが可能。
《三冠王者 ドツキング》《あたりポンの助》を出すのも単純ながら強力か。

  • モチーフは「蚊取り線香」。呪文面の元ネタは《不屈!熱血!! テスタ・ロッサ》と同じく「ジョジョの奇妙な冒険」から。ジョーカーズは「ジョジョ」のオマージュと思われる要素が少なくなかったが、明確なパロディはこのカードが初となる。
    カードイラストも漫画「あしたのジョー」の最終回の有名なシーンのパロディであり、パロディだらけである。

収録セット

参考


Last-modified: 2018-12-13 (木) 16:07:43