《メッサー・シュミット》

メッサー・シュミット P 自然文明 (8)
クリーチャー:スプリガン/グランセクト 8000+
マッハファイター
W・ブレイカー
バトル中、このクリーチャーのパワーを+4000する。
このクリーチャーがバトルに勝った時、カードを1枚引く。それがこのクリーチャーがこのターンはじめて勝ったバトルなら、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。このクリーチャーとその選んだクリーチャーをバトルさせる。

DMEX-03で登場した自然スプリガン/グランセクト

マッハファイターのおかげで、出てすぐに相手クリーチャー攻撃することができ、バトルに勝つとドローが行えるというオマケ付き。しかも各ターンに初めてバトルに勝つと連続でバトルを仕掛けることができるというボーナスも追加され、そのバトルにも勝つとさらにもう1枚のドローが見込める。
さらにはパンプアップで相手を打ち負かしやすく、クリーチャーとのバトルに特化した性能となっている。

要するに、《“乱振”舞神 G・W・D》に似たスペックであり、相手パワー12000未満のクリーチャーを壊滅させつつ大量ドローが狙える。
だがこちらにはB・A・Dのようなコスト軽減はなく、ドローこのクリーチャーバトルに勝った時だけ、そして効果バトルも連鎖的に引き起こせない為、あちらほどの戦果を望むのは難しい。

  • スプリガンの命名規則が不明である為何ともいえないが、考えられる由来として挙げられるのはかつてドイツに存在した航空機・自動車メーカー「メッサーシュミット」(中点がつかない)。
    かつて世界初の実用ジェット戦闘機「Me262」を生み出したメーカーであり、マッハファイターも納得である(ただしMe262にマッハ=音速は出せない)。
    戦後の一時期は自動車の生産も行っており、どちらかというとアウトレイジを想起させる名前でもある。
    もう一つ考えられる由来は、姓の原義であるドイツ語でナイフを意味する「messer」と、同じく鍛冶を意味する「schmitt」。いずれにしても、ドイツ系の由来である事は間違いないようだ。

関連カード

ーこのクリーチャーが描かれているカード

戦績

アニメ「デュエルマスターズ!」

  • 通算成績:2戦1勝1敗
    戦績対戦相手勝敗デッキ名
    28話切札 ジョー勝利最強の狩人
    35話敗北

収録セット

参考


Last-modified: 2018-12-15 (土) 02:39:48