《ラ・ズーネヨマ・パンツァー/逆転(ぎゃくてん)のオーロラ》

ラ・ズーネヨマ・パンツァー P 自然文明 (4)
クリーチャー:グランセクト 12000
ガードマン(このクリーチャーをタップして、相手クリーチャーの攻撃先を、自分の他のクリーチャーからこのクリーチャーに変更してもよい)
このクリーチャーは、相手プレイヤーを攻撃できない。
カードが自分のシールドゾーンを離れた時、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。
逆転のオーロラ P 自然文明 (5)
呪文
自分のシールドを好きな数、マナゾーンに置く。

DMEX-04で登場したグランセクトツインパクト

クリーチャー面はシールドブレイクに反応するマナ加速を持つ大型のガードマン
普通にブレイクされるだけでもマナ加速として働くが、どうせならシールド交換をしてS・トリガーを仕込むなど、率先してマナ加速を狙いたい。
パワーも十分であり相手にとっては厄介な存在だが、【速攻】だとこのクリーチャーが出る前に押し切られる危険性もあるため、なるべく早く出す必要が出てくる。

呪文面は《逆転のオーロラ》
クリーチャー面とはデザイナーズコンボになっていて、シールドが5枚残っていれば10枚マナが増える。
そのまま《キングダム・オウ禍武斗/轟破天九十九語》などに繋げればフィニッシャーになれる。

が、このカードをフル活用するには4ターン目までにこのカードが2枚手札に揃うことが絶対条件である。《ジャンボ・ラパダイス》などで手札補充すれば何とかなるかもしれないが、2枚合わせて使うまでに除去やハンデスを受ける可能性も。そのため、スムーズにコンボを決めるのは意外と難しい。
クリーチャー面がなければ呪文面の爆発力は薄まってしまう為、元となった《逆転のオーロラ》も5枚目以降としてデッキに投入される事が多い。

無理に両方を活かさずとも、《逆転のオーロラ》を8枚投入可能になったと考えるのも良いだろう。《逆転のオーロラ》は、戦略の要になるため複数枚投入したいが効果の性質上引きすぎても困るカードであるため、クリーチャー面として役割を持てるのは軽視できないメリットである。

  • 上段のカード名は「マヨネーズ」を逆さ読みしたもの。これは下段が《逆転のオーロラ》であることに由来していると思われる。
    • ラ・ズーネマヨ・パンツァーではないので注意。
  • 下段が《逆転のオーロラ》なのはケチャップとマヨネーズを混ぜた「オーロラソース」が由来と思われる。
    アニメで呪文面が使用された際はイラストのトマトのクリーチャーがマヨネーズの中に飛び込む描写がなされていた。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考