《ラドン・ベップバーン》

ラドン・ベップバーン SR 自然文明[ジョーカーズ] (10)
クリーチャー:ジョーカーズ 18000
Q・ブレイカー
自分の他のクリーチャーが相手のクリーチャーとバトルする時、かわりにこのクリーチャーにバトルさせてもよい。
このクリーチャーがバトルに勝った時、カードを1枚引いてもよい。その後、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置いてもよい。
相手は自身のターン中、マナゾーンのカードをタップして召喚しなければ、クリーチャーをバトルゾーンに出せない。

DMRP-08で登場した自然ジョーカーズ

《三冠王者 ドツキング》がパワーアップし、マナブーストコスト踏み倒し対策を身につけたかのような性能。
10コストは重量クリーチャーの中でもかなり重い部類なので、マナブーストコスト軽減踏み倒しを使って出すことになる。
とにかく早めに出すなら退化も考えられるか。

《三冠王者 ドツキング》と同様のバトル肩代わり能力は、あちらよりもはるかに高いパワーがあるため、まず相手の殴り返しや効果バトルを防ぐ性能がより強固となったと言える。
そしてこれはバトルを発生させる能力と相性が良く、手軽な所ではマッハファイター効果バトルと組み合わせると17000以下除去を簡単に放つことができる。
同じ種族のジョーカーズで言えば、《ソーナンデス》《デュエダインD》などと組み合わせたい。
また、《ドンジャングルS7》などが持つ攻撃誘導ともシナジーする。

さらにこのクリーチャーがバトルに勝てば1ドローと1マナブーストのおまけがつき、バトルに勝つたびに手札マナが増えていく。
どちらも任意のため、状況に応じて選択出来るのは嬉しい点。

またコスト踏み倒しを禁止する能力は、相手のターンという制限はあるものの、ロック範囲が広く強力。
これにより相手は「コストを支払っての召喚」しかできなくなるため革命チェンジ侵略などの単純なコスト踏み倒しはもちろんのこと、G・ゼロや「自身のターンでのS・トリガー獣の暴発」などの召喚扱いのコスト踏み倒しもできなくなる。

  • また、コストを払って召喚する時でもGR召喚の他、《ベイB ジャック》《蛙跳び フロッグ》の能力によってバトルゾーンにあるクリーチャーのみでコストを支払ってクリーチャーを召喚しようとすると、「マナゾーンのカードをタップせず召喚」しようとすることになり、相手はクリーチャーを召喚できなくなる。

【轟破天九十九語】のパーツとして考えると、《轟破天九十九語》を打ってマナゾーンカードを減らした後だとパワーがほとんど上昇しない《ドルツヴァイ・アステリオ》のサポートになる。

またパワー12000以上の自然単色なので《天風のゲイル・ヴェスパー》の軽減能力の恩恵を受けることができる。

  • 名前の由来は「ラドン温泉」と温泉地「別府」、そして「ローマの休日」のヒロインを演じた女優「オードリー・ヘップバーン」だろう。

関連カード

収録セット

参考