《ロスト・チャージャー》

ロスト・チャージャー R 闇文明 (3)
呪文
自分または相手の山札を見る。その中からカードを1枚選び、持ち主の墓地に置いてもよい。その後、そのカードの持ち主は山札をシャッフルする。
チャージャー
※プレミアム殿堂

DM-09で登場した強力なチャージャー呪文

デュエル・マスターズ史上最強の呪文の一つで、その効果は僅か3ターン目から相手のデッキの内容を把握し、危険なカードを間接的に除去するというもの。その上自分はマナブーストを行えるなど、ゲーム性を脅かすには十分な性能。

ライブラリアウト系の【除去コントロール】では相手の山札を削るメインのカードであり、特に《宣凶師ベリックス》との併用は知名度が高い。
また、ライブラリアウトデッキ以外でも、自然文明の入らない文明入りのデッキなどでは貴重なマナブースト手段として非常に広く重宝された。

また、他の山札破壊効果カードとは違いこのカードは自分に使用することも出来る。
それを利用して、《インフェルノ・ゲート》の登場以後は、このカードを自分の山札に使用し、召喚したいクリーチャー墓地に送る手段として多く使用された。
特にリアニメイト【茄子サファイア】における《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》との組み合わせが有名である。

非常に強力である故に2006年に殿堂入り、2007年1月15日にプレミアム殿堂となっている。

サイクル

DM-09チャージャー呪文

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考