《ワイルド・シールド・クライマックス》

ワイルド・シールド・クライマックス VR 火文明 (6)
クリーチャー:ジョーカーズ 5000
自分の《ジョット・ガン・ジョラゴン》が破壊される時、かわりにこのカードを自分の手札から捨ててもよい。
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、そのターン、自分のクリーチャー1体のパワーを2倍にする。その後、相手のクリーチャーを1体選ぶ。その2体をバトルさせる。

DMRP-06で登場したジョーカーズ

《ジョット・ガン・ジョラゴン》破壊される時かわりに手札からこのカード捨てる事で破壊を防ぐ破壊置換効果と、そのターン中、自分のクリーチャー1体のパワーを2倍にして相手クリーチャー強制バトルを行わせるcipを持つ。

二つの効果が《ジョット・ガン・ジョラゴン》と直結しており、バトルゾーンと手札で効果を発揮できるようになっている。
まずあちらのコスト軽減や、ジョラゴン・ビッグ1のタネになること、あるいは《オンセン・無敵タイム》のように、手札から「ジョラゴン」を守ったりとイラスト通り、盾となってくれる。
また、cipで味方のパワーを倍増させつつ、敵クリーチャーを強制バトルさせることにも注目しておきたい。
自身を素出ししても、パワーの倍増で10000まで破壊できることも覚えておこう。

  • アニメではジョーカブト鬼の猛攻への対策として生み出した。頑丈故に無傷だったものの、誕生して早々耐久性を確かめるために崖から落とされた。カブト鬼とのデュエマでは、《キングダム・オウ禍武斗/轟破天九十九語》のバトルで破壊されそうになった《ジョット・ガン・ジョラゴン》を守り、更にパワーを2倍にしてバトルさせる能力で逆に《オウ禍武斗》を返り討ちにして角をへし折った。
    • この時《ワイルド・シールド・クライマックス》を装備した《ジョラゴン》は「ジョラゴン・ナイト」と呼ばれる騎士のような特殊な姿へと変化した。
  • 見た目は盾から脚が生えたようなものであるが、アニメのCGだと鎧を装備した人物が巨大な盾を持っているような見た目となっている。
  • また、盾という見た目ではあるがしっかり痛覚が有るようで「!」35話では攻撃の当たっていた部分が腫れていた。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考


Last-modified: 2019-01-11 (金) 03:32:55