《ヴァム・ウィングダム/ソニック・ダンス》

ヴァム・ウィングダム R 自然文明 (2)
クリーチャー:グランセクト 12000
このターン、パワー12000以上で攻撃していた自分のクリーチャーがいなければ、このクリーチャーは攻撃できない。
スマッシュ・バースト(このクリーチャーが攻撃する時、このカードの呪文側を、バトルゾーンに置いたままコストを支払わずに唱えてもよい)
T・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを3つブレイクする)
ソニック・ダンス R 自然文明 (3)
呪文
相手のパワー7000以下のクリーチャーを1体選び、持ち主のマナゾーンに置く。

DMRP-08で登場した自然グランセクトツインパクト

クリーチャー面はグランセクトで初となる2マナパワー12000のクリーチャー

今まで【ゲイル・ヴェスパー】などのパワー12000以上の2コスト帯はグランセクトではない《デスマッチ・ビートル》が採用されていたがこのカードの登場により2コスト帯が8枚体制で臨めるようになった。

攻撃は可能だがパワー12000以上の状態で攻撃した自分のクリーチャーがいないと攻撃できないデメリットを持っている。
これはパワーアタッカー等で一度でもパワーが12000以上に達していれば条件はクリアとなる。
ただし、その攻撃したクリーチャーが相手のS・トリガー等で除去されてしまうと攻撃が出来なくなってしまうので注意。

呪文面はパワー7000以下の相手クリーチャー1体をマナ送りにする。
【ゲイル・ヴェスパー】の天敵である《奇石 ミクセル》などの除去にも役立つだろう。
既に召喚してしまい手札に無くても、スマッシュ・バーストで発動可能。

だが、やはりパワー12000以上で攻撃済みのクリーチャーバトルゾーンに残っている事が条件なのがネックか。【ゲイル・ヴェスパー】でのビートダウン要因として考えるなら、《ナ・チュラルゴ・デンジャー》マッハファイター攻撃制限を解いてやるのが有効な使い方だろう。

  • 能力テキストにある「クリーチャーがいなければ」という表現はデュエマの歴史上初めて。これ以前までの慣例に従えば「クリーチャーがなければ」が正しい。

サイクル

DMRP-08で登場したスマッシュ・バースト持ちのツインパクトサイクル
クリーチャー面はすべて何かしらの攻撃制限のデメリットを持ち合わせている。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考