ΓΛΧ(ガラムカイ) ヴィトラガッタ》

ΓΛΧ ヴィトラガッタ VR 自然文明 (7)
オレガ・オーラ:グランセクト/デリートロン +6000
オーラが2枚以上付いた自分のGRクリーチャーが攻撃する時、これを自分の手札からそのクリーチャーに付けてもよい。
これを付けたクリーチャーに「パワード・ブレイカー」を与える。(「パワード・ブレイカー」を持つクリーチャーは、そのパワー6000ごとにシールドをさらに1つブレイクする)
これを付けたクリーチャーの攻撃の終わりに、相手のシールドが1つもなければ、相手のクリーチャーをすべて持ち主のマナゾーンに置く。
オレガ・オーラ:これを自分のGRクリーチャー1体に付けるか、1体GR召喚してそれに付ける。そのクリーチャーがバトルゾーンを離れたら、これも同じゾーンに行き、その後、そのGRクリーチャーは自分の超GRの一番下に戻る。

DMRP-11で登場した自然グランセクト/デリートロンオレガ・オーラ

オーラを2枚以上付けたGRクリーチャー攻撃する時に侵略のように手札からコスト踏み倒しでその攻撃しているクリーチャーに付ける事が出来る。
さらにこれを付けたクリーチャーパワード・ブレイカーを付与し、その攻撃の終わりに相手のシールドが1つも無ければ相手クリーチャー全体除去マナ送りする能力を持つ。

踏み倒しの条件は、「オーラが2枚以上付いた自分のGRクリーチャー攻撃する時」なので、攻撃する時はGRクリーチャーでないといけない。テキスト上、そのような扱いなので要注意。

パワード・ブレイカーの付与と追加されるパワーはちょうど+6000なので、このカード1枚でブレイク枚数を+1枚することが出来る。瞬間的にパワーとブレイク枚数を増加させることが出来るので奇襲性が高い。複数枚装備させればそれだけブレイク枚数が増加しそのまま試合を決める事も出来る。攻めきることが出来なくても場に残ることが出来れば後述のマナ送り効果で守りを固めることが出来る。

攻撃を終えた後、条件が揃えば、全体マナ送りが発生し、この時点で攻撃できるクリーチャーがいれば、そのままダイレクトアタックが通る。
もちろん、ブロックされた場合でもシールドがなければ発生する。ただし、攻撃終了ステップ時にトリガーする能力なので、これを付けたクリーチャーが攻撃中にS・トリガー等で除去された場合はマナ送り能力が発動しないことに注意。

踏み倒しと、この能力は噛み合っているように見えるが、シールドが残っていたり、ブロックされた場合は、不発に終わってしまうことがある。
当然、アンブロッカブルと相性はよいため、できるだけアンブロッカブル持ちに付けることが望ましい。

  • 条件を満たせば手札のこのカードを何枚でも同時に付けることができる。
  • 使われているギリシャ文字は「Γ(ガンマ)」と「Λ(ラムダ)」と「Χ(カイ)」。

関連カード

収録セット

参考